古きコレクション

写風人には何十年と沈黙し続けてきたコレクションがあります。

13westgun1

数少ない女性読者の方々にとっては、続きを読んでもつまらないと思いますが・・・。


あれっ! ポチッっとしちゃいましたか?
男性しか、いや男性でもごく一部の方しか理解できないネタだと思いますので
サラリと読み流して下さい。

「焼けぼっくいに火が付く」
燃えさしの杭や切り株は、火が消えたようにみえても、僅かなきっかけですぐに燃え始める。
男女の関係に使われますが、薪焚き人が使いたいことわざですよね。
今回、薪焚きの話題ではなく、若かりし頃のコレクションに火が付いたという話です。

そのきっかけとなったのが、コレ。

13westgun2

matsuzawa邸が掲載された夢丸3月号に載っていた写真です。
普通なら気づかずに見過ごしてしまうような小さな写真ですが、
私には火炎放射器で火を付けられたくらい衝撃的。
この写真についての説明がないので、
どこのどなたか存じませぬがメチャクチャ渋いじゃないですか。
ズラリと並んだライフルに、最初はハンターかな?って思ったんですがそうじゃない!
だって、切り株にガンベルトが置いてありますからね。
この方、西部時代のカウボーイ!?それともガンマン?

私のブログを隅から隅まで見てる方は大体の察しは付いてきたでしょうが、
写風人は西部劇やマカロニウェスタンにどっぷり浸かっていた時代があるのです。
子供がチャンバラしたくなるように、写風人もガンマンごっこをしてた訳ですよ。
ちょっと大人になると、今度はズシッと重い銃が欲しくなって
モデルガンなんかを収集していた時期がありました。

そういえば、屋根裏のどこかにあったはず・・・?

13westgun7

何十年と眠り続けていた古きコレクションに再びご対面。
友だちにあげたり、捨ててしまったりで、これだけしか残っていませんでしたが、
肝心の西部時代のモノだけは大切に保管してありました。

大変前置きが長すぎました。
それでは写風人コレクションをチラッと紹介します。

13westgun3

これが収集のきっかけになったガンベルト。
当時はこの手のガンベルトしかなくて、もうヨレヨレ。
夢丸の写真のせいで、いやお陰で、ついガンベルトのオークションを覗いてしまいました。
するとアメリカ直輸入の本格的ガンベルトが出品。
印象的なカービング模様と経年変化の加工を施したレザーにグッと惹かれ、

13westgun4

かなりマジになって入札しましたが、今時、こんなものを競う相手もなく単独で落札。
きっと、写風人の元にくる運命だったんです。

何十年ぶりに新たなアイテムが加わり、
写風人のマル秘コレクションを初公開。

13westgun5

手前から、西部開拓時代の保安官/ワイアットアープ ダブルバレルショットガン
西部開拓時代のライフル/ウィンチェスターM1892
西部開拓時代のライフル/ウィンチェスターランダルカスタム
西部開拓時代の回転式拳銃/コルトSAA

ウィンチェスターのトレードマーク部分を拡大。

13westgun6

スチール製でズッシリ重く、木製のストックは味が出てきていいですね。

ガンマニアみたいですけど、ダッチオーヴン同様カウボーイ物に興味があるだけです。
決してサバゲなどはしておりませんから・・・。

関連記事

コメント

おはようございます^^

わかる気がする~

かっこいいです
インテリアにも最高ですね^^

2013/03/26 (Tue) 08:33 | 昇龍  kato #1vXvAHxQ | URL | 編集
昇龍  katoさんへ

いい歳して、恥ずかしいものをお見せしてしまいました。
言われる通り、インテリアの一部としてみていただければ・・・。決してオタクではありませんので。

2013/03/26 (Tue) 21:41 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集
懐かしく・・・

レザー・カービングは美しいですね^ー^
手の油とかが付いて、また渋い輝きを増しそうですね。
触ったり、眺めて愉しんでいらっしゃるのかな~

子供の頃、父がクレー射撃と狩猟をしていたのでライフルのシルエットが懐かしいです。
撃ったときの、パーンという音の後、シュ~ンという山にこだまする音も覚えています。

銃やライフルは、男性の愉しみですね。

2013/03/29 (Fri) 11:50 | m. yamauchi #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する