JUNKな世界

春日井市に建築撮影に行った帰り道。

13havank1

ここも一度覗いてみたかったお店です。写風人は道草ばかりしてますね。


花と雑貨と家具のお店「HAVANK(ハバンク)」
ホームページを見ていただくと分かりますが、ポップな感じは決して私のイメージではありません。ですが、「JUNKな世界へのポータルショップ」を目指す店主さんのコンセプトに惹かれ、実際に訪れてみたいと前々から思っていたのです。

13havank2

玄関先を見る限り、お花屋さんかな?と思うようなディスプレイですが、

13havank3

鍋の小物といい、トップの計器といい、
写風人的趣向の古道具に巡り会いそうな予感です。

13havank4

店内入って右側は、お花コーナー。
生け込みやアレンジなどが古道具と共にディスプレイされています。

13havank5

左側は地元の作家さんコーナー。
エイジング加工やアンティーク加工が施された雑貨がづらり。

13havank7

そして店舗中央は年代物の机や棚を利用して、
世界各国 60年代~70年代の雑貨を演出しています。
気になる家具は?
お訊ねすると、店主さんが2階の家具コーナーへ案内してくれました。

13havank6

いや〜、レトロポップ系の椅子がいっぱい。
昔はこんなのも好きだったんだけど、趣味が変わってきたかな・・・。
再び1階に戻って、気になる道具を物色。
悩んだんですけどね〜、安いので買っちゃいました。

13havank8

店員さんはちゃぶ台って言ってましたが、昔の子供机じゃないかな!?
もうひとつ、机の下の奥に隠れていた錆だらけの手斧。
「この2点ください。」って言ったら
「これ、選んで頂いて嬉しくなっちゃいます。」と店主さん。

客層は若い年代か女性でしょうからね、
珍しいお客さんだったかな?

そりゃそうですよね、普通の感覚なら粗大ゴミですよね。



関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/16 (Sat) 16:45 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する