焚き火塾からの帰路

3月3日、ZCOO-Shopの「焚き火塾」行ってきました。

13takibiz

しかし、その帰り道、とんだ目に遭ってしまいました。


3日の朝は少し出発が遅れ、出掛けたのが7時15分。
途中SAでの休憩を含め、ファイヤーサイドに到着したのが8時55分。
ノンストップなら自宅から駒ヶ根まで1時間半で行けるのです。

帰りは多少混んだとしても2時間弱で帰れるはずが、
なんと3時間半も掛かってしまいました。
原因は飯田〜中津川間で火災事故通行止め。
飯田山本ICで下ろされ一般道に出るまで30分の渋滞。
三州街道を名古屋方面に向かって峠越え。
(そもそもこれが間違いで南木曽方面に向かうべきでした。)
どんどん中央道から離れていくようで、
ここでナビをセットすると恵那ICまで約40km。ひぇ〜。
しかもその道が真っ暗な山道で、民家もなくすれ違う車もない。
こんな所で道に迷いたくない、などと心細くなってしまいます。
残雪が多く残る奥深い山中で、
北海道のような吹雪にでも遭遇したらと思うとゾッとします。
車内には毛布とカイロは常備しておきたいと強く感じましたね。

全く孤独な運転が何分ほど続いたでしょう。
次第に民家もチラホラ見え始め、
恵那市街まで何キロという標識に出会い、ホッと一安心。
1時間半の不安なドライブの末、やっと恵那ICに乗ることができました。

恵那山のある飯田〜中津川間は高速道路のあるお陰で時間短縮できますが、
事故の多い恵那山トンネルは安全運転に心がけたいものです。
愛知や岐阜から参加者された方は大丈夫でしたでしょうか?

そんな事もあって、帰宅後はもうヘトヘト。
焚き火塾の話題はどこかに飛んでっちゃいましたが、
落ち着いてからゆっくりレポートしたいと思います。
しばらくお待ち下さい。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する