コーヒーとククサ

コーヒーを飲むには、やっぱり陶器のカップが一番旨い。

13kukuco1

それでもククサで飲みたいから・・・。


ククサをプレゼントされたもののコーヒーが不味くて飲めない。
と、感じている方は多いかもしれません。
ククサは製造過程で濃い塩水で24時間煮られています。
ですから、最初の頃はしょっぱくて、とても飲めたもんじゃないですね。
使い込んでいく内に塩分は感じなくなりますが、
今度は表面の油分が落ちて、木肌が白くなってしまいます。
この手入れには、クルミ油や蜜蝋などを使用してみましたが、
いくら天然オイルといえど、やはりコーヒーの風味が損なわれてしまいます。

そこで思いついたのがコーヒー。
生豆をローストして瓶詰めにすると、瓶の中には油がベットリ付着しているのです。
中でもインドネシア産のカロシトラジャは油分が大変多いです。

13kukuco9

成人式も昨日で終わったことだし
今日は午後から、生豆をローストすることにしました。

13kukuco3

あいにくの雨模様で仕方なく薪ストーブでロースト。
炉内から取り出す時に部屋中がコーヒーの煙で充満するので
自家焙煎するなら屋外がお勧めです。

13kukuco4

煎りたての珈琲豆。
かなりベタベタして油がたっぷりにじみ出ているでしょ。
これでククサの手入れです。

13kukuco5

ククサの中に豆を入れて、木製のメジャースプーンでつぶします。

13kukuco6

つぶした珈琲豆をガーゼに包み、ククサの表面を磨きます。

今回は5度目の手入れ。

13kukuco7

中は珈琲がしみ込んで真っ黒、表面もコーヒー色に染まってきました。

13kukuco8

今ではククサ独特の臭いも消え、
コーヒー本来の味と香りが楽しめるようになってきました。

ここまで手入れが必要な器も珍しいですが
苦労した分だけ愛着が沸いてくるものですね。

関連記事

コメント

さすが!
大変参考になりました。
豆をつぶして、ワイルドコーヒーなんて
やってましたが気が付きませんでした。
シブクなりましたね。
早速真似します。
私の場合勿体ないので、お手入れした
豆も煮て飲んじゃいます。

2013/01/14 (Mon) 21:35 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

頂いた当初は、塩気があろうが不味かろうが嬉しくて使っていましたが、
とても一杯飲みきれませんでした。
以前使っていた陶器のマグカップで飲み直してみると、コーヒーの旨いこと!
次第にククサも棚に押しやられ飾り物になっていた時期もあります。
でも気に入った道具というのは、自分に合うように何とかしたいと思うものですね。
ククサもやっと自分の物になってきたって感じかな。

2013/01/14 (Mon) 22:37 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/01/15 (Tue) 00:07 | # | | 編集

これはククサのええ使い方!
あ、遅れましたが、今年も何卒宜しくお願い致します〜^^;

2013/01/24 (Thu) 09:39 | スズキサトル #- | URL | 編集
スズキサトルさんへ

こちらこそ、今年もキャンプ用品の耳寄りな情報を愉しみにしています。

後でククサの手入れをアレコレ調べていると、コーヒーもありましたが牛乳を使うってのもありましたね。
最近、暖かい牛乳もククサで飲むようにしています。
気分的に牛乳の成分がククサに浸透して、薄く膜が張るような感じがしたりして・・・。

2013/01/25 (Fri) 00:02 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する