洗える革グローブ

本格的なガーデニングはなかなか出来ませんが、

12wash1

ガーデニング・グッズには興味があったりして・・・。


最近、いろいろグローブを物色しておりまして・・・。

鉄鍋といえばLODGEやCampChef。
これらのグローブを当たり前のように使っていましたが、

12wash2

熱や水で、今やコベコベのカチカチ。

グローブをはめたまま、熱湯でゴシゴシできる水に強い革手袋はないものかと探していたら
ガーデニングの分野にあったんですね〜。
土をいじったり、トゲのある木を剪定したりって、アウトドアのひとつですからね、
薪焚きや鉄鍋料理にも対応できるのではないかと、試しに取り寄せてみました。

ガーデニングの本場、イギリス「BRIERS」の「ウォッシャブル・レザーグローブ」

12wash3

洗濯できる革というふれこみですが、お湯で鉄鍋をゴシゴシ洗ってもいいのかな?
と、躊躇なく使い込んでいます。
革も柔らかく手に馴染みますし、革のわりにはお値うち価格。

12wash4

ガーデニング用ということもあって、カラーは3色。
私のオリーブ以外に、ピンクとラベンダーがあって、女性がターゲットかなとも思います。
(Lサイズはオリーブのみ)

BRIERSのグローブをみていると、他にもグッとくるグローブがありますね。

12wash5

左が「グリッパー」
土が入らないように手首にはひもが。インナーはコットンで使い心地が良さそうです。
右が「ラインドハイド」
柔らかそうな革で、インナーは布張り。ソフトな感触が売りのようです。

あれこれ見ていると、ディギングスペードやディギングフォークってカッコイイ!
園芸する事よりも道具が欲しくなっちゃって・・・、困ったもんです。


関連記事

コメント

亀なコメントすみません

良い色あいのグローブですね。ガンガンに使えそうですね。
(^O^)
そういえば、鉄鍋、焚火、薪関係のグローブは、長めのイメージがあります。
やはり、その方が良いんでしょうか?
(-.-;)

2012/11/23 (Fri) 23:37 | ココぺリ #- | URL | 編集
ココベリさんへ

そうですね、鉄鍋や火を扱うときは火傷しちゃうから長めのグローブの方がいいですね。
これは、あくまでガーデニング用ということで・・・。

2012/11/24 (Sat) 00:15 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する