そろそろ、もみじが…

自宅の和室を古民家風にリフォームしてみました。

1211meiji1

紅葉を眺めながら、お茶を一服。


な〜んて、妄想なんですけどね・・・。

ちょうど去年の今頃も「秋を愛でる」とか、気取った文章を書いてましたが、
11月になると小学校の社会見学で明治村へ行く機会が多くなります。
子供たちのスナップ写真を撮りながら、片手間に興味深い景色も撮っているので
毎年、明治村のネタが登場しているわけです。

トップの写真も、明治時代に森鴎外・夏目漱石が過ごしていた家です。
ここで有名な小説が生まれたんですね。

明治村には洋館の方が多いですが、なぜか日本家屋が気になります。

1211meiji2

特にもみじは和風が似合いますね。

明治時代の商家が建ち並ぶ町並みも素敵です。

1211meiji3

室内も見学できて、当時の家具や道具が展示してあるのも見所。

中にはこんな甘味処も・・・

1211meiji4

でもね、こういうお店って女性客が多いじゃないですか。
男一人ではなかなか入りづらくて・・・。
見学するふりをしてチラッと中を覗いてみると、誰もいません。
ラッキー!やっぱり平日はいいですね。

1211meiji5

恥ずかしげもなく、干し柿と栗きんとんのお抹茶セットを注文。
美味しく頂きました。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する