現場の馬鹿力-続編-

先日のムクノキ。残りの1本を伐ったと連絡がありました。

1211muku1

午前中にビッシリ仕事を済ませ、午後から勇んでいざ出動。


前回はひとりで積み下ろしの3往復、かなり辛かったです。
今度は弟に手伝わせようと連絡しても、まったく応答なし。
仕方がない、また一人で頑張るか・・・。

現地に到着して転がっているのは、またまた極太丸太。
50cmの玉切りではとても持てそうにないので、少々短めにカット。

1211muku2

それでも持ち上げられそうにないのは、更に半分に。

1211muku3

試しに持ち上げてみると・・・
イヤ〜現場の馬鹿力をもってしても、とても無理です。

そういえば、前回記事の防寒手袋をこのハードな作業で試してみました。
手にしっくり馴染んでいいのですが、まだこの時期では暑くて手に汗かいちゃいます。
極寒作業向きですね。
それに、チェンソー作業には向いていません。

1211muku4

フェイクファーに伐りクズが絡んでどうしようもないです。

さて極太丸太。
明日からは雨のようだし、なんとか今日中に運んでしまいたい。

1211muku5

気力を振り絞りながら、まずは1杯目積み上げました。
さぁ、どっちに運ぼう?
重くて降ろすの大変だし、ムクノキって割りづらいし…、全部弟の方へ運んじゃお!
ホッケーの元国体選手ですからね、少なくとも私よりは体力あるでしょ?

1211muku6

続いて2杯目も弟のスタジオへドカドカ・・・。
手前にみえる素直そうできれいな丸太だけちゃっかり我が家に持ってきちゃいました。

もう1杯分残っているのですが、もう一人では無理なので今日は終了。
すると、そこに弟から電話。
「手伝えるから一緒にいこうか?」
ということで、3杯目にチャレンジ。

1211muku7

二人でなんとか積み上げたものの足腰ガタガタ。
弟の前では「馬鹿力」でませんね〜。

とてもこんなの手に負えないので、三度弟のスタジオへ。

1211muku8

弟「なんか…、割りにくそうなのばっか、こっちに運んでこない?」
兄「俺んちはアスファルトだから、下に落とせないでしょ!」
弟「そうやろ、だから俺は地面のままなんやて。」
兄「いいわぁ、地面は。」

チャンチャン!


関連記事

コメント

どんどん集まってますね。
大きいのはクサビ持参で割って持てるサイズにすると楽かもしれないです。チェンソーの縦挽きも楽しいですけど。

この前のブログに影響されてポチっとしてしまったので、今度薪割りをする時はその手袋でやってると思います(笑)

2012/11/05 (Mon) 20:00 | エース #- | URL | 編集
エースさんへ

来年の分がまったくないですから、有り難いです。
しかし、ムクノキも手強い。玉切りの周囲は斧でも割れますが、中心部がクサビを使ってもなかなか割れてくれない。
最近、こんなのばっかりで苦労してます。

グローブ買っちゃいましたか。
今の時期、頑張りすぎると汗だくになってしまいますよ。

2012/11/05 (Mon) 23:52 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
聞き忘れました。

フェイクファーは、熱い鉄鍋等を掴むと、やはり溶けて危ないんでしょうか?
(-.-;)
実は、まだ良い手袋
に巡り会えてません。安くて断熱性の高いなんて都合が良すぎなのかも?
f^_^;

2012/11/06 (Tue) 22:24 | ココぺリ #- | URL | 編集
ココペリさんへ

フェイクファーそのものは熱に強いかどうか分かりませんが、表面の牛床皮は耐熱性があるので、焚き火や薪ストーブにも使えると思いますよ。
まだ買ったばかりで熱い鉄鍋は掴んでいませんが、ダッチオーブン用のグローブよりは厚めに出来ていると思いますよ。
また試してみたら報告します。

2012/11/06 (Tue) 22:49 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する