茜色の夕焼け雲

写風人はよく空を見上げます。

1210031

茜色に染まった今日の夕焼け雲もきれいでした。


小学生の頃、雲は水で出来ていることを教わった時はビックリでした。
それ以来かな…、雲を眺めることが多くなったのは。

変幻自在に形や色を変えて、風の吹くまま気の向くまま、ゆらりゆらりと飛んでいく。
そんな雲をぼんやり眺めるのが大好きです。

日の暮れる頃に銀の散歩をするのも、ひとつは夕焼け雲を見るため。
裏山の頂上から西の空を見る度に、「空が広がる丘の上に住んでみたい・・・」と憧れます。

朝焼けと夕焼けといったら、断然夕焼け。
雲の形も面白いし、どこか懐かしさを感じます。

朝焼けはいつも寝てるから見たことないし・・・。

1210032

写風館の真上の夕暮れです。
もっと左の空まで目一杯入れたかったのですが、残念ながら電線が入ってしまうんですよね。

見渡す限り夕焼け雲っていうと、やっぱり海かなぁ〜。
岐阜には海がないですからね・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する