コーヒーロースト新栄店へ

オーダー焙煎珈琲豆の話題です。

12shinsa1

コーヒーに興味のある方はどうぞご覧下さい。特に名古屋の方。


先日、コーヒーローストさんの社長と共に名古屋の新店舗に訪れました。

12shinsa2

8月にオープンしたばかりのコーヒーロースト新栄店です。
本店(私の地元)、北名古屋店に続いて3店舗目。順調に店舗拡大されています。
新栄店オープンをきっかけにホームページを作成することになり、今回はそのための取材と撮影が目的。仕事で訪れた訳ですが、ちょっとブログネタにさせてもらいました。

12shinsa3

真新しい店内は気持ちいいですね。
この日たまたま、元おニャン子の生稲晃子さんが取材に来ていましたが、写真撮っちゃダメっていわれて終わるまでボーッと待ってました。

12shinsa4

ズラリと並んだ世界のコーヒー生豆。なんと30種類以上陳列されています。
ここ、コーヒーローストさんは好きな生豆を選んでその場で焙煎してくれるオーダー焙煎珈琲豆専門店なのです。

まず、生豆選びから始まります。

12shinsa5

初めてで分からない方は、好みに合う豆を選んでくれますからご安心を。
注文する量は200g(生豆240g)で、1週間から2週間でなくなる量です。
要するに焙煎してから美味しく飲める期間が200gというわけです。

12shinsa6

次に焙煎。
焙煎の度合いも浅煎りから深煎りまで好みによって段階的に指定できます。
これも分からない方は、「おまかせ」すれば豆の特徴を引き出す度合いで焙煎してくれます。
出来上がりまで15分程かかりますが、この間にコーヒーサービスもあります。

12shinsa7

ここで頂くコーヒーも煎りたて挽き立て。
新鮮な珈琲を淹れると、このようにモコモコと膨れ上がってきます。
初めての方は、お願いすればその場でドリップのコツも教えてくれるという過剰サービス、いや親切丁寧なサービス。煎りたてを美味しく飲んでいただきたいためのお店のこだわりです。
ちなみにコーヒーが飲めるのは豆を注文した方へのサービスで、喫茶店ではありません。

そろそろ焙煎機からパチパチとはぜる音が聞こえてきました。

12shinsa8

店内にいると、このコーヒーの香りがたまらないです。

12shinsa9

焙煎が終わると、ザーっと金網に流し込んで、冷却です。
これは「フレンチロースト」かな? 焙煎が強くコーヒー豆の表面に脂肪がにじみ出ています。
持ち帰りは粉でも豆の状態でも選択可能。私の場合はマイキャニスター持ち込みです。

元々、コーヒーが飲めなくて紅茶派だった写風人ですが、
ここの豆を飲み出してからは一転コーヒー党になってしまいました。ほんと美味しいです。

目下、必死にホームページ作成中ですが、
所在地だけご報告しますのでお近くの方はぜひ一度のぞいてみてください。

新栄店:名古屋市中区新栄2-24-14 明治第10ビル 1F
北名古屋店:北名古屋市鹿田神明附40-2


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する