2012夏レシピ「チキン」

写風人が肉料理で一番好きな食材はなんといっても鶏。

1209flgchi1

シュウヘイさんの要望もあって、今年はスパイシーなチキン料理に決定。


安くて旨くて多彩なバリエーションといえば鶏肉。
比較的あっさり目のメニューが多いので、味のはっきりした料理をチョイス。
「だれでもキャンプ料理の王様」から抜粋した「タンドリーチキン」です。

<材料>
鶏手羽元・・・20本
A)カレー粉・・・大さじ8
  ヨーグルト・・・250g
  ニンニク・・・2片
  しょうが・・・3cm程
  しょう油・・・大さじ4
  塩・・・小さじ2
  黒こしょう・パプリカ・・・適宜
(当日は手羽元40本用意したので、2倍の材料を使用しています。)

<仕込み>
ニンニク、しょうがはすりおろし(A)のすべての材料をボウルで混ぜ合わせます。
ボウルの中に手羽元を入れ、1時間以上漬け込みます。
スキレットに網を敷き、手羽元を並べ、焚き火に移動。


<焚き火で調理>
試食会ではぶんぶく32を使用しましたが、

1209flgchi2

どうも上火が弱かったようで、焦げ目がイマイチ。

1209flgchi3

上火の距離を縮めるために当日はスキレットに変更しました。

1209flgchi4

ひとつはぶんぶくのスキレット、もうひとつはデバイヤー36cmのフライパンです。
40本といっても20人なら一人2本ですからね、ちょっと物足りなかったかも・・・。

1209flgchi5

1209flgchi6

下火上火で焼いて約40分。どちらもこんがり焼き上がりました。

1209flgchi7

カレーのスパイシーな香りが漂い、暑い夏も食欲そそりますよ〜。

次回インド料理の後はご飯ものレシピになります。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する