仕事してます

「お前は遊んでばかりいるな。」と言われてしまったので、たまには仕事の話題でも。

12hotyo1

とはいっても、こんな商品撮影はワクワクします。


お隣の関市は刃物の街として有名。
そんなことから興味深い包丁やナイフの撮影がしばしば舞い込んできます。

12hotyo2

商品が到着するとまずはキチッと並べ、にらめっこしながらどのように撮影していくかイメージを練るのです。この包丁の場合、物欲を抑えながらですが・・・。

次は手袋をはめて商品チェック。
今回の包丁はすべて油紙に包まれていたので、ひとつひとつ油をぬぐい取りながら磨いていきます。結構な手間ですが、ナイフ好きの写風人にはたまらない作業でした。

12hotyo3

これなんて、すごいですね!
刃渡り36cmの牛刀ナイフです。見ているだけでゾクゾクきます。

そして次はライティング。
写真の善し悪しはライティングで決まると言っても過言ではありません。
「太陽はひとつ」の原理原則に基づいて、いくつもライトを使うこともよくありません。

12hotyo4

刃物やガラスなどの光り物は反射したり映り込んだりするので、少々やっかいです。
よく1カットいくら?と聞かれるのですが、安直なりの撮影方法もあるし、妥協を許さないような撮影方法もあるので一概には答えられない場合が多いんですけどね。
地方で商売をしていると、その辺りが理解されない場合が多くて困ったものです。

今回は値段も聞かれずに撮影を依頼されましたけど・・・。

画像はこんな感じに仕上がりました。

12hotyo6

ちなみにこの包丁、恐ろしいほど良く切れるそうです。

撮影しながら、ついつい欲しくなってしまうのが悪いクセですね。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する