ボストンかリュックか!?

一週間のご無沙汰です。

12godwin0

ちょいとハワイへ、バカンスなんぞ行っておりました・・・。


いやいや、写風人にハワイは似合いません。
それに6月はバカンスに行くほど余裕もありませんしね。

実はこれも修学旅行。
山口県のとある離島です。

修学旅行の内容は別にして、今回はバッグの話題です。
一泊の出張ならごく軽装で済ませますが、2泊以上になるとそうはいきません。
海の活動があればそれなりの服装や機材も必要。
ましてや初めての旅行先となると勝手が分からないのでアレコレ増えてしまうのです。
そこで大型バッグは何を使うか?

12godwin1

旅行用バッグというとこんなものしかありませんが、最も頻度の高いのがLUGGAGE LABELのボストン。通称「赤バッテン」と呼ばれ、幅が拡張する優れもの。これは1984年発売直後に買ったもので、すでに取っ手はボロボロですが未だに現役です。
右側がL.L.BEANのボストン。これも数十年前に友人から譲り受けたもので、キャンバス地の渋みがたまらなく好きなバッグです。
その奥がハクバの登山仕様カメラバッグ。

荷物の量と移動手段を考慮すると、
「赤バッテン」は容量不足、L.L.BEANは片手がふさがるということで、

12godwin2

ハクバのカメラバッグに決定。サブバッグにはDOMKEのショルダー。

12godwin3

ハクバのGodwinシリーズは登山仕様ということもあり、手持ち・ショルダー・リュックの3ウェイ。いかなる場面にも対応してくれるのです。

12godwin4

内部はクッション入りの間仕切りが入っており、レンズやアクセサリー系を大切に保護します。今回は荷物も多くなってしまったので間仕切りを取り外してオープンに。

12godwin5

山やキャンプに出掛ける訳ではないので、荷づくりもそれほど楽しくありませんが、多少荷物が増えてもこれだけは持って行きたいとバーナーやiPadも持参。
このカメラバッグ、3ウェイで両手が使えることも決め手のひとつですが、パッキングのしやすさも魅力のひとつです。

12godwin6

ファスナーを開けば荷室が全開になるので、何がどこにあるのかもすぐに分かり、部屋で荷物が散らばることがありません。

今回の宿泊先は瀬戸内海が一望の宿でした。

12godwin7

山もいいけど地平線の見える海もいいですね~。

早速、バーナーを取り出し、絶景バックにキャンプ気分。

12godwin8

本当は海岸まで下りていって焚き火したかったのですが、そんな余裕もなくて・・・。

部屋の急須を拝借してコーヒーポット代わり。これ、なかなか便利です。

12godwin9

自分で自分をねぎらう、一日目のお疲れ様コーヒータイム。

事前に痛めた腰がさらに悪化し、最悪の体調ながら、こんな遊び心があったから出張を乗り越えられたのかも。
これで修学旅行もすべて終わり、ホッとしている写風人です。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する