環境保全と鉄板焼き

平日の昼間っから鉄板焼き。たらふく飲んで食って・・・、ではありません。

12kei1

これも環境保全運動のスタミナ源なのです。


意味不明な表現をしてしまいましたが、まずは日本の森林の現状について。
日本は国土の約67%が森林で、先進国の中では最も森林率が高いのです。
世界の森林は過度な開発や乱伐によって森林面積が減少する一方、日本はまったく逆で利用されない危機に陥っています。木材価格の低迷や林業の衰退で、本来森を育てるための間伐がされないまま、森は弱りつつあるのです。
そこでファイヤーライフ(FL)本部の始めた運動が「薪集めサポート・ジャパン」
いよいよFL岐阜も体勢が整い、
環境への理解と貢献、地元とのふれあい、間伐材の運び出しを目的に
「薪集めサポート・ジャパン IN ぎふ」が開催される運びになりました。
そして参加者を募集したところ、定員をはるかに上回る100名。
FL岐阜のスタッフが片っ端から玉切りし、参加者が山から運び出すのです。
人数が多ければ作業も捗るでしょうけど、100名分の昼食は大変です。
FL岐阜の社長は弁当なんて味気ないものは納得しないタイプなので、すべて現場で調理。
そんな楽しいことは見逃せないと、写風人も食事班に名乗りをあげました。

そこで、冒頭の鉄板焼きです。かなり前置きが長くなりましたが・・・。

鉄板焼きの中身は現地の名物「鶏ちゃん」
どんな食材なのかは、地元の鶏ちゃん研究会「鶏ちゃんとは?」をご覧下さい。
これにボリュームを加え、メインのおかずとして「鶏ちゃん焼きそば」を作ることになりました。

12kei2

今日は、試作と試食を兼ねての昼食会です。

12kei3

普通の焼きそばの肉が「鶏ちゃん」に変わるだけですけどね。

12kei4

ただ鶏ちゃんの風味が損なわれないような味付けを試行錯誤しながら調理してみました。

12kei5

左側、早々と試食しているのがFL岐阜の社長です。
100名の管理だけでも大変なのに、メニューにも拘る根っからの祭り好きなのです。
当日のメニューはこの焼きそばと、地元名物「朴葉寿司」、そして写風人のポトフ。
ポトフも普通の鍋では面白くないので、100名分のダッチオーヴンが面白いかな。

当日(10日)は早朝に現地集合ですが、
こんな機会なので写風人だけ山中野宿しようと思ってます。
デイキャンプに続いて、焚き火で野宿。いや~、ワクワクするなぁ~。

それはそうと、カウンターの数字がもうすぐオール7になりそうです。
いいことあるかな・・・?


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する