秘密にしたい五平餅

連休は仕事漬けの写風人でしたので、随分前のネタになります。

12gohei1

あまり紹介したくないのですが、炭火焼き五平餅の話題です。


ここの所出掛けるのは長野方面ばかりでしたが、
五平餅が恋しくなり、久しぶりにせせらぎ街道を走ってきました。

12gohei2

4月中旬の事でしたが、まだ雪が残っていました。
そういえば今年、冬用の登山靴を買ったのに雪山に行けなかったな・・・。
残雪を眺めつつ、「まだ雪山は間に合う。」とほのかな期待をもつ写風人ですが、
多分、無理かも。

4月に入ってからも寒い日が続いていたというせせらぎ街道。

12gohei3

煙突からは煙も上がり、この日も薪ストーブを焚いていたようです。

ここ「木挽き小屋」は五平餅がお目当てなんですが、小屋の雰囲気も好きなんですよね。

12gohei4

囲炉裏に薪ストーブ、一日中ここでまったりしていたい。
といっても、午前中に売り切れになると、午後には閉店になってしまうんですよね。

12gohei5

お母さん手作りの五平餅は、エゴマダレと味噌ダレの2種類があってどちらも絶品。
写風人はいつも2本食べちゃいます。

12gohei6

炭火でじっくり焼かれているから、表面は香ばしく中身はもっちりと柔らかい。
五平餅の他には焼豆腐もあってこれまた極旨ですが、今回すでに品切れでした。

すべて手作りで数量も限られているので簡単に食べられないのもひとつの魅力。
かといって有名になりすぎていつも完売でも困るし・・・。
だから、ほんとは秘密にしておきたいんですよね、こういうお店は。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する