ファイヤースクリーン

薪ストーブっていろんな焚き方ができるから嬉しいですよね。

12fsc1

2次燃焼もいいけど、たまには暖炉のように楽しんでみたい。

3月半ばも過ぎ、多少暖かくなったとはいえ、まだまだ薪ストーブは手放せません。
今年は薪も豊富にあり、目一杯焚いても5月までは燃やせそうかな。
でも寂しいかな岐阜ではその時期まで焚くことはありませんけどね・・・。
余れば来シーズンまで持ち越せばいいのですが、燃やしてしまいたい薪もあるのです。

12fsc2

それは3年目になる柿の木。
曲がりくねってやっかいな丸太ばかりなので割りもせず雨ざらしにしていたせいか、
2次燃焼ではうまく燃えてくれないんです。

12fsc3

ただ、一時燃焼ならバッチリ燃えてくれます。
それならばいっそのこと扉を開けてしまえば開放的。

12fsc4

いやいや、この子達がチョロチョロしてるし、知らぬ間に崩れて落ちてくると大変。
そこで、これですよ!

12fsc5

ファイヤースクリーン。
まるでフェンシングのマスクみたい。

12fsc6

これなら薪が爆ぜても火の粉が飛んでも大丈夫。
左下のような丸太をド~ンと入れてみるのもいいですね。
扉を開くことによって、三面鏡のように炎が映し出されるので、そりゃもう迫力満点!
これからの季節、ファイヤースクリーンが活躍しそうです。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/23 (Fri) 00:52 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する