薪の消費量

先日割った薪はそろそろ薪棚に移動。

12zaiko_1

新旧交代の時期に、棚から溢れた古い不揃いの切り株は行き場がありません。

今回は薪の消費量と在庫状況をメモっておくための記事ですのでどうってことない内容です。

TIMBER WOLFで割ってから一週間。
割った薪はそのまま数週間は放置して、アクヌキをした方がいいと言われていますが、
狭い裏庭で散らかったままの状態はどうも落ち着きません。
すぐにでも薪棚に積み上げてスッキリしたいのですが、

12zaiko_2

運悪く雪が降ったり雨が降ったりと、ベッタリ濡れてやむなくシートを被せました。

12zaiko_3

カーポートにいくつか空が出来たので、薪を積み始めたのですが雨で中断したままです。

ちょうど薪棚のスペースが区切り良く空いたので、10月末の焚き始めから現在までの消費量を記録しておこうと思います。何トンでは分かりにくいので面積で表示。

先ほどのカーポートがW2500×H1700で2列。
別の場所にW2400×H1700で2列。

12zaiko_4

裏庭の薪棚のひとつが空になり W1000×H1600で2列。
薪の長さが50cmと考えて約20平米の消費量ということになります。
このペースでいくとシーズン30平米かな?

なんとか今シーズン用の薪は確保してありますが、

12zaiko_5

薪棚の底に埋もれていた不揃いの切り株、置く場所がないのでまずはこれらから処分。
ただ見た目も悪いし、室内に入れるには抵抗のある薪もあります。

12zaiko_6

閉店後に玄関先に移動して、これは夜中用。

12zaiko_7

薪割りに苦労させられ、薪棚にも積み上げられないこのくせ者達も、
人知れず黙々と活躍してくれる事でしょう。

道場六三郎じゃないけど、「一本の樹をすべて成仏させてこそ薪焚き人。」かな・・・?


関連記事

コメント

端っこや曲者たちは処理が面倒で放置されやすいですよね。
うちも薪割り場に転がったままキノコに浸食されていきます…。
ちゃんとコンテナなどに入れておけば立派な薪になるんで、次の薪割りからはちゃんと処理してあげることにします。


しかし薪の消費って多いですよね。
うちもだいたいの消費量を計算して、薪作りの目安を考えないとです。
気づいたら薪が足りないなんて事になったら悲劇なんで。

2012/02/07 (Tue) 12:01 | エース #- | URL | 編集
エースさんへ

もらいものだと、こんなのがゴロゴロでますね。でも私ケチですからもったいないという思いの方が強くて・・・。

エースさんのブログをみるとかなりストックされてるんじゃないですか。1シーズンでどれだけ焚かれたか、またブログで教えてくださいね。

2012/02/08 (Wed) 00:41 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する