ケヤキは手強い

有り難く頂いたケヤキですけど

12keyaki1

やっぱり堅い・手強い・しぶとい・・・、もぉ~ヤダ!

山積みされたケヤキは暇を見つけては少しずつ整理していますが、
原木が太くなるに従い、かなり手強くなってきました。

12keyaki2

雷に打たれて枯死した部分はすんなり割れて作業もはかどってきたのですが、
生きた部分はご覧のように苦戦です。

12keyaki3

何十回と振り下ろしても平気な面してます。
これがケヤキですよ。憎たらしい~。
いつもなら「や~めた。」と後回しにしてましたが、更に太いケヤキが控えているので
ここで諦める訳にはいきません。
あまり好きじゃないけど、楔に頼るしかなさそうです。

12keyaki4

楔を2本打ち付けて、やっと牙城を崩し始めたって感じかな。
スパッと割れないし楔も抜けないし、ケヤキは厄介です。

12keyaki5

そのまま寝せて、今度は斧の出番。
割るというより、割り裂いていくって感じです。
その後も更に大変。半割りも斧では割れず再び楔を打ち込みますが、その度に転がるし・・・。
ひとつの玉切りでどれだけ時間を費やしたことか・・・。
この作業が延々に続くと思うと、気が滅入ってしまいます。

ダメ元で4ton薪割り機で試してみると、玉切りはやっぱり割れません。
ところが、半割り状態なら見事に引き裂いてくれました。

12keyaki6

「おぉ~、やってくれるじゃん!」
半割りまでは楔と斧で奮闘するとして、あとは機械任せで楽ちん。
でも、ケヤキってスパッと割れないので見た目よくないですよね。

12keyaki7

見てやって下さい、このささくれだらけの薪棚。

ケヤキは火持ちも良くて有り難いけど、軽快な薪割りが出来ないのが難点です。
でも頂き物だから文句言わずに頑張ろっと。


関連記事

コメント

ケヤキの洗礼を受けてますね~。
意外に少し乾燥したほうが割り易いって情報も少し見受けられますよ。

真ん中辺の写真に写ってる根元付近なんて割れる気がしませんね・・・チェンソーで縦挽きしても厳しそうですもん。
ちょっとした臼が出来そうな太さですね。

無理して腰を壊さないように気を付けて、引き続き薪割りを頑張ってください!

2012/01/16 (Mon) 20:46 | エース #- | URL | 編集

頑張ってますね~。
どうでしょう、残りは軽トラに積んで遊びに来ませんか?
乗っけれるか不安ですが秘密兵器をご用意しときます!
その方が早く片付くかも。

2012/01/16 (Mon) 23:41 | matsuzawa #- | URL | 編集
エースさんへ

ご心配ありがとうございます。すでに腰を壊し気味でマッサージに通ってます。この年になると準備運動は入念にしておかないとダメですね。

ケヤキは以前何度も頂いたのですが、割りやすい物と割りにくい物がありました。ケヤキに品種はないと思うので不思議に思い少し調べてみました。
すると、育った環境で材質の変化があるようです。
成長が良く年輪幅が広いと重硬な材となり、成長が遅いと年輪幅が狭く道管(孔)の割合が多くなるので軽い材になるということらしいです。

少し乾燥させた方が割りやすいのは、イチョウの木で体験しました。イチョウは軽くて柔らかいので水分を多く含んでいると全く割れませんでした。

たかが薪割りですけど、色々勉強になりますね。

2012/01/16 (Mon) 23:45 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
matsuzawaさんへ

本当ですか?
この臼のようなでかいのは積めそうにないですが、割れない玉切りがいっぱいあるんです。

その秘密兵器っていうのは、ひょっとしてmatsuzawaさんの怪力ですか?

2012/01/16 (Mon) 23:51 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

とんでもない、私も腰痛持ちです。
軽トラ一杯以上あるようでしたら、MWKを積んで薪割りパーティーしに伺いますよ。

2012/01/17 (Tue) 12:45 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

そこまでしていただいては申し訳ないですから、地道に頑張ります。
でも写風館へは一度遊びに来てくださいね。

2012/01/17 (Tue) 23:02 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する