新春 焚き火&薪割り

年末年始は薪割りから遠ざかっていたので、ストレスたまり気味の写風人。

12011

久々に焚き火も楽しみながら、薪と戯れました。

昨年12月にもらったケヤキの原木。
年内に片付けると言いながら、結局ひとつも玉切りしないまま年を越してしまいました。
今日は午前中が空いていたので、「思いっきり薪割りするぞ~!」
と意気込んでいたらメチャメチャ早く目が覚めてしまって、只今非常に眠いです・・・。

12012

限られた時間はお昼まで。その間ガンガン玉切りして、ビシバシ薪割りして・・・!
というような集中力は残念ながら持ち合わせておりません。
焚き火もしたいし、色々やりたいこともあったし。

12013

ひとつは田渕氏が使っていた着火剤づくり。
チェンソーで原木を縦に伐ると屑が粗くなるので、これを篩いにかけて拾い集め、古い灯油を染み込ませれば出来上がり。

12014

残った細かなチェンソー屑は、焚き火場にばらまく。
ファイヤープレース周りの赤土は、霜柱が溶けて地面がドロドロになってしまいます。
こうして切り屑をまいておけば靴底に泥がくっつかないのです。

12015

雷に打たれたケヤキは樹皮が剥がれているものもあります。
焚きつけ用にそれらを拾い集めると、段ボール箱3つ分もできちゃいました。
この時点で樹皮が剥がれていれば、乾燥して粉が出ることがないかもしれませんね。

12016

のんびりやってたから、ケヤキの山の1/4が終わったかな?
今日はここまで。
チェンソーの手入れをし、周りの掃除をきれいに済ませます。
ここまでキッチリやらないと、やり遂げたという気持ちにならないんですよね。
たとえ翌日に続きをやるとしても、その日の分はしっかり片付けます。
薪割りに限ってですけどね・・・。(自分の部屋は散らかってます。)

掃除を済ませて爽やかな気分になった所で、いよいよこれの飾り付け。

12017

以前、matsuzawaさんから頂いたオーナメントです。
写風館にはなかなか絵になる場所がないのですが、どこかに飾りたくてウズウズしてました。
しばらくは犬小屋の屋根に置いて、ゆっくり考えてみましょう。

まだあるんですよ、とっておきが・・・。

12018

欲しくて欲しくてたまらなかった「少年と犬」
廃盤になってしまった貴重なオーナメントですからね~、とても屋外にはもったいなくて、
取り敢えず大切にウィンドウに飾っておきましょう。

いつか森暮らしできるまで・・・。

関連記事

コメント

こんにちは♪
いつも楽しみに拝見させて頂いてます。
ウチも本日、薪を大移動しました。
薪小屋から、スペースのあいた薪棚へ。
夫と2人で、粉にまみれながら3時間。
そしてまた玉切り、薪割り・・・・エンドレス。
それでもやっぱり、薪ストーブのすべてが
魅力的ですよね♪

2012/01/08 (Sun) 13:52 | rabona1961 #FOTi0RoY | URL | 編集
rabonaさんへ

こんばんは。
いつもありがとうございます。

>夫と2人で、粉にまみれながら3時間。
ってことは、ご夫婦で薪づくりをされているんですね。素晴らしいです。
ブログも拝見しましたが、写真がお上手だし、羨ましい環境にお住まいで憧れてしまいます。パンづくりをされる方は尊敬しちゃいますし。
また後ほどゆっくりブログを拝見させていただきます。

2012/01/08 (Sun) 22:43 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

森暮らしの夢だけじゃなく、設計図が既にあるんですか!
今度よろしければ、図面拝見しながらお話をお伺いできればと思います。

2012/01/09 (Mon) 22:45 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

設計図なんて大袈裟なものではなくて、ラフスケッチをいくつか描いた程度です。リビングとバスルームだけは拘りがあって、すでに頭の中では完成されているんですけどね。

2012/01/10 (Tue) 10:08 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する