奥飛騨温泉郷

北アルプスの懐に抱かれた奥飛騨温泉郷

11081

自然に包まれながらの露天風呂は最高です。

奥飛騨温泉郷は点在する5つの温泉地を総称しています。
北アルプスの直下、大自然に包まれている新穂高温泉。 温泉郷の基点、家族的な雰囲気の栃尾温泉。 奥飛騨の中心に位置し、賑わいをみせている新平湯温泉。 時間を遡ったような、懐かしさを醸し出す福地温泉。 古くから温泉郷の要衝として栄え、風格ある趣の平湯温泉。
露天風呂の数は日本一とも言われています。ひょっとして、岐阜という地名より飛騨高山や奥飛騨の方が有名なんじゃないかな?

今回は平湯泊まりでしたので、5つの温泉すべては入れませんでしたが、少しご紹介します。

11082

トップの画像とこれが平湯温泉の「神の湯」
昔は屋根なんかついていなかったと思うんだけどね・・・?

11083

鮎の塩焼きも原木で燻されて美味しそう!

11084

奥飛騨はきゅうりやトマトがメチャ旨いんですよ。
こんなきれいな水で冷やされていると旨さも倍増。ラムネなんて透き通ってますよね。

11085

もうひとつ平湯で有名なのが「はんたい玉子」
普通の温泉玉子は、白身が固まって黄身が半熟とろとろ。
ところが、平湯の温泉玉子は白身がとろとろ黄身が固まる「はんたい玉子」なのです。

いろいろ寄り道しながら、宿に到着。

11086

宿の露天風呂も気持ちよかったなぁ~。
数え切れないほど入ってしまいました。

そして翌日、新穂高へ。
登山をしなかった友人達は、しらかば平駅にある「神宝乃湯」に浸かっていたようです。
登山を終え合流した後に、再び車で移動。
途中、薪がいっぱい積んであった山小屋風の宿が気になり立ち寄ってみました。

11087

ここの露天風呂の景色の凄いこと!
薪ストーブは360度炎が楽しめる開放式のストーブがロビーに置いてありました。
宿の名前は忘れてしまいましたが、今度はこの宿でもいいなぁ。

奥飛騨温泉郷は至る所に露天風呂があって、ほとんどの宿やホテルも入浴できますから、
温泉三昧ってどうですか。いいですよ~。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する