OMソーラーと薪ストーブ

OM_1

平成7年に新店舗の建築を先輩であるH氏に依頼しました。その時に薦められたのが薪ストーブとOMソーラーです。
今回はこのOMソーラーについてご紹介しましょう。
OM_2
OMソーラーとは屋根で受けた太陽の熱で床から室内を温めたり、お湯を採ったり換気したりする空気集熱式のパッシブソーラーシステムです。上のイラストのように冬は軒先から新鮮な外気を取り入れ、それを太陽の熱で温めダクトを通して床下へ送ります。床下へ送られた空気は、基礎のコンクリートを温めながら、室内へ微風となって出てきます。
夕方になると、熱を蓄えたコンクリートが外気温の低下とともに少しずつ放熱をはじめ、建物全体を床から温めてくれます。
夏は熱い空気を利用してお湯を採ることができ、余った熱は外へ排気されます。
詳しくお知りになりたい方はOMソーラーのホームページをご覧下さい。

OM_3
左がスタジオ内に設置されたダクトです。これを通って床下に温風が送られます。
右上が床の吹き出し口で、部屋の周囲に設置してあります。
右下のコントローラーで季節によって切り替えます。

店舗の延べ床面積は約200平米ありますが、冬場は薪ストーブとOMソーラーの暖房だけで十分です。薪ストーブはほとんど24時間焚いていますので、対流によって冷気が階段から下りてくるのは午前中の僅かな時間だけです。薪ストーブから最も離れた私のデスクにも床下吹き出し口があり、寒いと感じたことはありません。
薪ストーブとOMソーラー!木と太陽、自然の恵みをふんだんに取り入れた快適住宅です。
関連記事

コメント

いつもお世話になっております!
この度はOMソーラーのPRまことにありがとうございます。
D社員一同お礼申し上げます。
いつも、ブログ拝見させていただいております。
今回、はじめてコメントさせていただきました。v-7これからもブログ楽しませていただきます。v-218

2007/02/04 (Sun) 17:16 | Oozy #- | URL | 編集

コメントありがとうございます。
社長がブログをやっていることが驚きでした。
最近、薪ストーブユーザーが多くなり、家全体を温める工夫をされているようです。でも床下の冷えは薪ストーブではどうしようもありませんよね。
OMソーラーと併用すれば、本当に快適です。
これからもOMの普及に頑張ってください。

2007/02/04 (Sun) 17:48 | 写風人 #- | URL | 編集

こちらこそありがとうございます。
確かにOMと薪ストーブがあれば鬼に金棒ですよね!
機会がございましたらいろいろお話し、ぜひぜひ聞かせて下さい。これからもどうぞよろしくお願いします。

2007/02/05 (Mon) 13:12 | Oozy #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ストーブストーブ(stove)とは、燃料を燃焼させるなどの手段により、熱を発生させる装置である。アメリカ等では一般には、調理器具及び、暖房器具の両者を指す。イギリスでは、調理のみに供される器具はクッカー( Cooker )で、薪や石炭など、燃料を燃やし、調理と室内の

2007/07/28 (Sat) 09:25 | 日本の心-四季折々の風情を感じ...