新サーモメーター

ファイヤーサイドのサーモメーターがデザイン一新。

11thermo1

よりシンプルに見やすくなりました。

先日、FL岐阜にお邪魔した時に、ひとつ頂きました。
ただし昨年購入したユーザー限定らしいですけど・・・。

3月30日より新デザインで発売されたストーブサーモメーター

11thermo2

プラスチックケースに入って、分かりやすい説明書付きです。

ここ暫く薪ストーブを焚いていませんでしたが、0℃表示のままではつまらないので、
久しぶりに火を熾して以前のメーターと比較してみました。

まずデザイン的には船の舵をイメージしているそうです。
数字も大きく、領域の表示もシンプルになりました。
旧バージョンでは「DANGER ZONE」とちょっと怖そうなイメージでしたが
優しい表現の「HOT」に変更になっています。

11thermo3

温度表示の位置も変わっています。
ダンパーを閉めるタイミングは230度以上と言われていますが、
今度のメーターはちょうど真上を指した辺りがその温度になるので、分かりやすいですね。

以前は調理の目安とするBAKEポジションやFRYポジションが明記されてましたが、
今回は表示されていません。まぁ温度をみれば分かりますからね・・・。
調理温度が知りたい方は、説明書に記されていますので参考にされるといいと思います。

更にバイメタルコイルの仕様も変更になり、より正確になったそうです。

薪ストーブ用のサーモメーターはFA265の頃から色々使ってみましたが、
これが価格的にもお値打ちだし、最も使いやすいメーターだと思います。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する