ハースラグの居心地

冷えてくるとトイプー達の指定席は薪ストーブの前。

10rug1

新しくなったハースラグは居心地いいかな?

今日はめっきり冷え込んできましたねぇ、嬉しい限りです。

薪ストーブを焚き始めると、寒がりのピクは必ず薪ストーブに寄ってきます。
それに釣られてリンゴも居眠り・・・。

10rug2

普段落ち着きのないリンゴが居座るほど柔らかくて気持ちのいい素材ってことでしょうね。
確かにこのラグは私も寝転びたくなるような柔らかな感触で、
焚き付けの時にはつい腰を下ろしてしまいます。

ちょっと厚手の「ハースラグ ハイプレーン」は、耐摩耗性や耐衝撃性に優れたオレフィン素材を使用しているので、トイプーが爪でカリカリしてもほつれにくいし、ダッチオーブンをうっかり落としても衝撃を吸収してくれます。
それとこのラグを購入した理由はもうひとつあります。

10rug3

デファイアントを設置して炉台の前面スペースが狭くなったので、料理の時にうっかり熾きをこぼしそうです。その点このラグは大丈夫! 熾きや火の粉が落ちても燃え広がらないのです。
焦げ目は付きますが、フローリングを焦がすよりはマシですからね。
しかも素材のオレフィンは炭素と水素で作られているので、燃やしても有害物質を発生しない環境にやさしい素材なんだそうです。

カラーは4色、我が家はクラシックブラックに合わせてスモーキーブラックをチョイスしました。
赤のアンコールにはルージュが似合うんじゃないですか。
価格も手頃で機能性もあるし、薪ストーブにはそれなりの絨毯が必要だと思いますよ。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する