ぶんぶくですき焼き

最近、出番のなかった「ぶんぶく」。

bunsuki1
フルメンバーではありませんが、個人戦で中堅?の出番かな。

スノーピークの「和鉄オーブンポットぶんぶく」が久しぶりに登場です。
「ぶんぶく」はよく知らない、という方に少し説明しましょう。
LODGH等の鋳鉄製とは違い、「ぶんぶく」は表面に酸・アルカリに強い天然漆を職人の手塗りによって焼き付け塗装が施されています。ですから油臭くなく、お米料理にも適しています。もちろんダッチオーブン同様、万能調理器でもありますけど・・・。

bunsuki2

よく見るとリッド(蓋)とポットの間にもう一枚見えるのがお分かりでしょうか。
フルメンバーとか中堅とか全く意味の分からないことをつぶやいていますが、

bunsuki3

ぶんぶくはリッド・スキレット・ポットと3種類がセットになっているのです。
ですから、団体戦にちなんで先鋒(リッド)、中堅(スキレット)、大将(ポット)と私が勝手に名付けました。
もちろんリッドも裏返せばスキレットとして使えますし、それぞれ単独で使用することも可能です。落としぶたは、残念ながら現在のぶんぶくには付属されていません。

bunsuki4

そして3種類あるということは組み合わせにより、4段階の容積と高さの調節が可能なのです。スキレットを裏返して蓋にすれば大きめのチキンだってスッポリ収まります。
詳しくはスノーピーク「ぶんぶく」を参照して下さい。

そこで中堅(スキレット)の出番という話に戻りますが、
叔母が忘年会だ!といってすき焼き用の牛肉を差し入れてくれたのです。
(いつも粗食な写風人としては久しぶりのご馳走だ~。)
すき焼きなら「ぶんぶく」のスキレットがうってつけです。

bunsuki5

空腹の貴方には辛い画像でしょうが、松坂風すき焼きの食べ方を紹介をしましょう。

スキレットを熱し、牛脂をまんべんなく焼き込みます。次ぎに割下(砂糖、しょう油、酒、水を好みで調合)を少量入れ、肉だけを焼きます。まず1枚目は卵をつけずに、お肉そのものの風味を楽しんでいただきましょう。

お肉を味わったら、次に野菜です。

bunsuki6

野菜を加えたら、昆布だし、砂糖、しょう油を少々そそぎます。肉の旨みが隠し味になります。
野菜がなくなれば、その繰り返しです。
一番最後にうどん・おもちを入れたり、ごはんでおじやをつくったりと、あなたも松阪風すきやきの通になりますよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

あらっ!!

気が合う~!!ウチも『すき焼き』でしたぁ~♪
しかも松阪肉ヽ(≧▽≦)/運命かしら‥☆(笑)
三重県の旅行土産にお肉を頂き、ウチも久々のご馳走♪ただ…写風人さんの作り方見てカラ作れば良かった。。(--;)

2009/12/16 (Wed) 09:52 | MC #- | URL | 編集

すき焼きのご来店。

心よりお待ちいたしております。

2009/12/16 (Wed) 11:23 | ファイヤーライフ岐阜 #- | URL | 編集
MCさんへ

そうですか、そちらもすき焼きでしたか。

野菜と混ぜて煮たら、松阪牛本来の美味しさが分からないから、この調理法ができたんだと思いますよ。

でも、こちらは松阪牛ではありませんでした・・・。

2009/12/16 (Wed) 22:44 | 写風人 #ROS0Ati. | URL | 編集
ファイヤーライフ岐阜さんへ

そちらでもすき焼きご馳走してくれるんですか。

えっ? 違う。
持ってこい、ということですか。

ベビーカステラの生地で我慢してください。

2009/12/16 (Wed) 22:48 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する