一杯のコーヒーを淹れる

コーヒーサイフォン1

撮影が終わり、ネクタイを外すと一杯の美味しいコーヒーが飲みたくなります。一人で飲むときはお気に入りのミニフォンで淹れます。
土日はほとんどが婚礼撮影。撮影データをパソコンにコピーし、部屋着に着替える。ほっとくつろぐ時間です。婚礼のある日は昼食も落ち着いて食べられないし、ましてやコーヒーを飲む時間もありません。ですから撮影を終えて落ち着くと無性にコーヒーが飲みたくなります。それほどコーヒー通という訳ではありませんが、多少依存症になっているかもしれません。
一人でゆっくりと飲みたいときは、必ず一人用サイフォンで淹れます。アルコールランプで沸騰していく様子をぼんやりと眺めている時間が好きなんです。サイフォンはコーヒーを飲む事よりも、淹れる課程の方が断然楽しいですね。単にコーヒー一杯の時間が、私にとっては貴重な癒しタイムです。
コーヒーサイフォン2

撮影DATA:Canon EOS-20D EF28-70mm f2.8 ISO-800
電球の色温度を利用した暖色系の色調に仕上げるために、カメラ感度を上げストロボは使用しませんでした。ストロボを発光すると肉眼とは全く違う風景になってしまいますからね。
関連記事
Theme: コーヒー | Genre: グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する