薪焚き、いよいよ始動準備

朝晩冷え込んできましたね~。嬉しいことです。

10261

煤だらけのプレート!? う~んカッコイイ!

実はこれ、薪ストーブの側面扉です。
シーズン突入前の薪ストーブのメンテナンスを行いました。
と、偉そうに言ってますが、業者任せのダメな薪焚き人です。
来年こそは自分でやるべく、今日はじっくり本職のお手並み拝見。

10262
まずは屋根に登って煙突先端の掃除。
その後ロングブラシを使って煙突内のすすを落とします。

10263
業者さんは煙突をはずさず一気に煤をストーブに落としてしまい、掃除機で吸い取ってしまいます。

10264
ちょっと気になった道具箱。
フランスの工具メーカーFACOMの限定道具箱だそうです。

10265
部品をすべてはずして掃除をしてガスケットを点検します。

10267
最後にストーブを磨くのですが、業者さん曰く「今までストーブ専用のポリッシュを使ってみたけど、KURE5-56が一番いい」そうです。

10266
う~ん、黒光りして美しい!

寒くなくても、焚いちゃおうかな・・・。

ランキングに応援ありがとう。ポチッ!

もひとつ応援クリックありがとう!


関連記事

コメント

なるほど!さすが業者さん、ここまでしてくれるんですね!来年は、同じように外せる部品は外してメンテナンスしてみようかな?・・・で、貧乏性の私は、ついついメンテナンス料が気になってしまいます。それとさりげないベビーダッチが・・・

しかし、KURE5-56が良いとは思いつきませんでした。業者さんが言うんだから、間違いなさそうですね!コストパフォーマンスも・・・

2007/10/27 (Sat) 00:11 | 田舎時遊人 #cegDMDc6 | URL | 編集

田舎時遊人さんへ
この記事をアップしてから時遊人さんのブログを拝見したので、業者任せの自分がお恥ずかしい限りです。
我が家の煙突はネジではなくて、かしめてしまっているので外せないんですよね。だから煙突トップから薪ストーブまで長いブラシを使いますが、内部がほんとに掃除できてるかは疑問ですよね。
メンテナンス料はガスケット込みで30000円です。
当然道具を購入した方が安くなりますね。
来年からは自力で頑張ります。

2007/10/27 (Sat) 23:45 | 写風人 #- | URL | 編集

ここまでバラバラにして
掃除にメンテナンスをしてもらえると
お金を払う価値がありますね

僕はいつも様子を見ているだけで
まだ煙突掃除もしたことなし
メンテナンスもしたことがないです

KURE5-56は家にもあるし
薪ストーブを磨いてみよう

2007/10/29 (Mon) 08:58 | northin #LkZag.iM | URL | 編集

northinさんへ
薪ストーブ愛好家の皆さんはご自分で掃除されるので、ほんとは自分でやらないとね・・・。

northinさんは掃除したことがないんですか?
ストーブは表面よりも内部の掃除が肝心ですよ。
煙突に煤がこびりつくと火事の原因にもなりますから、業者に頼んででもやってもらった方がいいのでは・・・。

2007/10/30 (Tue) 00:48 | 写風人 #- | URL | 編集

煙突掃除はしようと思って
煙突をばらして見てみたのですけど
きれいだったのでしたことがないです

煙突がストレートで
二重煙突の部分もあるから
煤が付き難いのかなぁ

2007/10/30 (Tue) 08:40 | northin #LkZag.iM | URL | 編集

northinさんへ
きれいならいいですよね。安心しました。
薪の状態や焚き方がいいからじゃないですか。
煙突も関係しているのかな?
たまに点検してれば心配ないですね。

2007/10/30 (Tue) 13:57 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する