ハナモモが咲くと…

暖かいGW、というより真夏の暑さです。

17050501


4月末までは、朝夕冷えて薪ストーブも必要でしたが
5月のGWは、一気に暖かくなってきました。

ハナモモは例年よりも少し遅いですが、愛らしいピンクに花を咲かせ

17050502

森の中にはヤマブキが咲き乱れています。
桜の淡い色合いから、鮮やかな花が咲き始めました。

この季節になると、野外作業が一気に忙しくなります。

17050504

敷地内は一気に緑化。
猛然と伸び始めました。

17050503

まだエンジン草刈り機というほどではないので、
大きく伸び始めた雑草を手作業で抜いて抜いて抜きまくります。
気が遠くなるような作業ですが、意外と楽しいです。
しかし、その勢いは凄まじく、中旬以降は草刈り機の出番になるでしょうね。

この季節になるとスズメバチも飛び交うようになります。

17050505

今年も早めにハチトラップを仕掛けました。
誘引剤は昨年から調合を変え、酒2、酢1,砂糖1にしました。
ファンタやカルピスを使ったこともありますが、この調合でも大差ないようです。

そして厄介なのがカメムシ。

17050506

暖かくなると春先から活発に活動し始め、サッシの隙間にびっしりはびこっています。
(不快なので、カメムシが少なめの画像にしました。)
室内にも至る所に侵入しています。

我が家のカメムシ対策は、ハッカ油を水で薄めサッシやドアの隙間に吹き付けています。
また室内のカメムシは、少し水を入れた口が広めのボトルを使います。
天井のカメムシはボトルの口を近づければポトッと中に落ちます。
壁や床は火ばさみ(先の細いつまみやすいもの)でつまんでボトルへポイです。
布団や服の中にいる時は、ゾッとしますね。

しかし、山暮らしでは虫の多さも仕方のないこと。
それ以上の楽しみもありますからね・・・。

関連記事

コメント

No title

布ガムテープでくるくる巻き取ると臭いも気にせずカメムシ取ることが出来ますよ。

2017/05/06 (Sat) 21:03 | 江戸川 #- | URL | 編集
江戸川さんへ

それも教えてもらいましたが、今ではボトルを使う方が多くなりました。

2017/05/06 (Sat) 22:39 | 写風人 #- | URL | 編集
No title

ご無沙汰しています。
そう、やはりカメムシが悩みですね。
我が家で一番多いのは、シーズンオフの薪ストーブの中です。
寒さがぶり返して久々に火を入れたりすると、ガラスの中では阿鼻叫喚のカメムシ地獄が展開されます。

捕獲は我が家もガムテープ派ですが、たまに遊び半分で「カメムシつつむ君」というのを使っています。スプレーから一直線に粘着性の泡が出て、臭いのを吐く前に捕獲するという代物です。
値段が高いし、手間もかかって効率も良くないですが、何となく狩猟本能をくすぐる男のカメムシ駆除剤です。

2017/05/13 (Sat) 06:47 | 山頂の住人 #2NU31nKA | URL | 編集
山頂の住人さんへ

ブログもサボり気味で、大変ご無沙汰しております。

我が家も薪にへばりついているカメムシや退治したカメムシも薪ストーブでこんがり焼却処分となります。炉内に怨念が宿らないか心配ですが・・・。

「カメムシつつむ君」は知りませんでした。
ネーミングも面白いですね。
早速探してカメムシハンティングしてみます。

2017/05/13 (Sat) 13:13 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する