アングラージャケット

この秋ファーストシーズンを迎える

1609ang06

アングラージャケット。

アングラーとは釣り人。
釣りはしませんが、このヘビーデューティな質感に惹かれてしまいました。

ブランドは今年デビューしたばかりのTAKE & SONSさん。
ホームページのCollectionからご覧頂ければ、魅力的なラインナップが勢揃いです。

ゆくゆくは南信州で釣りもしていきたいと思いますが
今のところはアウトドアジャケットとして、出番が多くなりそうです。

1609ang02

早速、焚き火ジャケットとして。

と思いましたが、週末は南信州も30度を超す猛暑。
汗をジワジワとかきはじめたので、撮影を済ませてから脱いでしまいました。


ということで、改めてシルエットをご紹介します。

1609ang03

素材は焚き火に強く経年変化も楽しめる、帆布生地に泥染めです。
ひとつひとつ手作業で染められた風合いは、なんとも男らしさを醸し出してくれます。

また多彩なポケットも魅力的。

1609ang05

内側にも大小のポケットが3つ。
裏生地はヴィンテージオックスが使用され、色落ちの配慮がされています。

1609ang04

背面には、上部にパッチポケット、下部には大容量のゲームポケット。
仕留めた獲物の肉を入れることはないですが、フライパンなら入りますかね・・・?

1609ang08

そしてポケットのボタン。
たまにボタンが堅くて、開け閉めが大変な時ってありますよね。
その点、このボタンにはループ状のテープが付いているので、片手でパチッと開閉できるのです。
実に機能的で親切設計です。

また袖口とウェストのアジャスター機能も嬉しい。

1609ang09

ウェストは外せばゆったり、2ヶ所のボタンでグッと絞ることも。
袖口のアジャスターも同様で、開放すれば脱ぐときにメチャ楽です。

そしてファスナー

1609ang10

OLD AMERICAN ZIPPERが採用されて、男らしさ溢れる存在感です。
ヘビーデューティでありながら現代的なシルエットは、
還暦を過ぎた年寄りには少々不似合いですが、独り森に隠って羽織っております。


他にも紹介しきれない詳細もありますので
MUD DYED ANGLER JACKETのページをご覧下さい。
アングラージャケットはWAXED COTTONもありますよ。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する