森の枝払い

春になると休みが取れにくくなります。

1603edah01

久しぶりの南信州はやることいっぱい。


最近寒さも戻り、南信州にも雪がチラホラしたそうです。
まだ、雪が残っているといいなぁ。
普段は夜に駒ヶ根に向かうことが多いですが
今回は珍しく午後から出発。

1603edah00

中央道を下りる頃には、日も沈みかけていました。
やっぱり中央アルプスは美しすぎます。

まもなくKベース手前の森に差し掛かると・・・

1603edah02

唖然!
森の一部がスッキリと伐採されています。
この辺りに家が建つことは知っていましたが、もう整地が始まっていたんですね〜。
杉ばかりですが、少し欲しいな・・・。

その夜は、翌日の作業をアレコレ考えていると、
気分が高揚してなかなか寝付けませんでした。

そして翌日。
立ち枯れの木など数本倒し、焚き付けづくり。

1603edah03

チェンソーを使うまでもなかったので
スカンジナビアンフォレストで伐採し、枝を切り落としていきます。

1603edah04

クラフトに使えそうな枝は、ワイルドライフで仕分けしておきます。
焚き火周りでは、使い道が多いですからね。

細かな枝は敷地内に山積みして

1603edah05

乾けばポキポキ折って焚き付け用に。
太い幹から小枝の先まで、すべて成仏させてあげます。

本日の伐採から枝払いまでは、このコンビ。

1603edah06

スカンジナビアンフォレストとワイルドライフ。
うっとりするほどの曲線美ですね。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する