タープで簡易テントづくり

森暮らし。

16021301

ロートルには結構ハードです。


ログハウスに住みたかったのですが・・・。
冒頭、本音から始まります。

というのも、ログハウスマガジンさんから取材依頼を頂きました。
ログハウスじゃないのに、これで2度目のお誘い。
本当に恐縮してしまいます。
今回は住まいの取材ではなく、道具が中心です。
野外でのロケに備え、
前日に南信州入りして、一日がかりで準備しました。
その準備とは、タープの簡易テント。

16021302

父親のキャンプ本を参考に、家型テントを作り雰囲気を演出します。

その前に、骨組みになる枝を伐りださねばなりません。

16021303

森で手頃な杉を選んで伐採。
細めの杉ならチェンソーを持ち出すより、アックス1本の方が早いです。

16021305

アックスはスカンジナビアンフォレスト。
鋭い刃と曲線を描いた柄が特徴的です。

16021304

この周辺は家が建つことになったので、どの木を伐っても支障はありません。

16021306

伐るのは容易いですが、運ぶのが辛いですね。
体力のなさを実感します。

伐りだした杉はナガサで皮むき。

16021307

これは、すでに虫に食われているようです。

16021308

枝を皮むきしている最中に雨が降り始め、慌ててカメラは撤去。

これ以降は写真なしで、骨組みつくりとなりました。
タープまで張り終えたら、服はズブ濡れ。

翌日の取材日は天候が不安です・・・。

つづく


関連記事

コメント

No title

伐るのは容易い!!?
そんなふうにはみえませんが・・・

ワイルドでかっこいいー!!

骨組み作りにここから。
タープと簡易テント!ほんまにこれこそ
ブッシュクラフトというものなんですね(>_<)♥♥♥♥

2016/02/21 (Sun) 17:51 | yuki #- | URL | 編集
yukiさんへ

手頃な原木がない場合は、すぐに調達できるから便利ですね。
日本にはブッシュクラフトなんて言葉はなかったから、私はそう呼びたくないですけどね。

2016/02/22 (Mon) 22:06 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する