待望のウェアブランド!

ファッションは得意分野ではありませんが、

16takesons01

ヘビーデューティなジャケットには興味がそそられます。


環境が変わると必要なアイテムも変わってきます。

山暮らしを始めて森に立ち入る機会が増えました。
しかもそれは整備されていない藪の中。
ナイロンやポリエステル素材を着ようものなら、すぐに破けてしまいます。
おまけに焚き火好きとなれば、火の粉に強い素材を求めます。
「これ!」という一着が欲しい。
そう思い始めていた時、
またブログが新しい出会いを与えてくれました。

今、新しいブランドが立ち上がろうとしています。

HEAVY DUTY WEARの本質的要素を、
独特な表現力で創り出す「TAKE & SONS」さんです。
今年3月デビューに先駆け、デザイナーズブログが開設されています。

画像出典の許可を頂きましたので、少し紹介させて頂きます。
まずANGLER JACKET。

16takesons03

釣り人のためのアングラージャケットです。

16takesons02

こちらの素材はMUD DYED
11号帆布の風合いと、味わい深い泥染めが無骨な男らしさを醸し出しています。

16takesons04

そしてこちらはWAXED COTTON
素材はスコットランドの老舗メーカーHALLEY STEVENSONS。
ワックスのべたつきがなくウェット感も程よい仕上がりとのことです。

その他には
アメリカ由来の森林作業着といわれているLOGGER JACKET(ロガージャケット)
男っぽくてワイルドなHUNTING JACKET(ハンティングジャケット)
など、
ブログでは随時サンプル品が紹介されるそうです。

拘りの素材とデザイン
日本人の身体にフィットしたフォルム
本格的アウトドアジャケットが、まもなく誕生します。

ワクワクですね。


関連記事

コメント

No title

遅くなりましたが
あけおめことよろ!でございますv-237

業種は違えどこだわりが形になるってのは
ワクワクですよそれが世の中に!
になんて凄いですよね

自分もいつかそんなもんが生み出せたらなぁ
一生下請け稼業っぽいですが(笑)

2016/01/16 (Sat) 09:19 | ハリー #- | URL | 編集
ハリーさんへ

あけおめです。
ことしも宜しくお願いします。

TAKE & SONSさんのブログを拝見すると、ほんと拘りの探究心です。それが形になっていくのは素晴らしいですね。

ハリーさんもそんな事いわないで、華麗にデビューして下さい。

2016/01/16 (Sat) 15:40 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する