新年薪事情

たとえ週末だけの薪ストーブライフでも、

16010401

針葉樹だけでは心細い。


南信州では週末だけの滞在ですが、

16010402

調子にのって夏場から焚いていたので、
地元の仲間から頂いた広葉樹の薪も底をつき、残りはスギだけになりました。

スギは間伐の許可を頂いてはいるものの、そう滅多やたらに伐る訳にはいきません。
しかも火持ちが悪いので、つい広葉樹を焚いてしまいます。

今シーズン用に少し購入しようか迷っている所でした。
正月明けに休みをとり、Kベースにいくと・・・

16010403

なんと、軽トラいっぱいに広葉樹の山。
お世話になっている松澤さんが積んでくれていたのです。
なんとお礼を言えばいいのか・・・。
親愛なる友に感謝です。

16010404

早速、ガランと空いた薪棚に移動。

16010405

ナラやリンゴなどよく乾いた極上の薪です。
その薪をみると、何度も斧を入れた跡があり苦労の様子がうかがえます。
苦労して割った薪には愛着も湧き、私ならそう簡単に手放せないものです。
改めて感謝、ただ感謝です。

16010406

心細かった薪棚も満腹状態になりました。
これらの広葉樹、大切に使わせていただきます。
松澤さん、本当にありがとうございました。

お返しは、何でもしますよ!

関連記事

コメント

No title

写風人さん、コメントありがとうございました。

ブログ構成の自由度に魅力を感じ、思い切って移行しました。なかなかスッキリしたテンプレートが見つからず、写風人さんと同じような構成のものに落ち着きました。

HTML・CSSの編集・・??? まだ英文を訳す方が簡単に思える私ですが、今、写真のサイズ変更で頭抱え込んでいます。

薪の山・・・山・・・私も薪の入手をこれから考えねば。
薪ストーブはまだ無いので、裏の畑に広葉樹植えようかな・・・?

今後ともよろしくお願いいたします。

2016/01/06 (Wed) 05:45 | kalaallit #WZYjlBq2 | URL | 編集
度々すみません・・

おはようございます。

写風人さんのブログ、私のブログのお気に入りにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか。

早朝よりのお願いですみません。

2016/01/06 (Wed) 06:41 | Kalaallit #- | URL | 編集
こちらこそ・・・

明けましておめでとうございます。
新年早々、ブログネタにまでして頂きありがとうございます。
確かに私は1本1本、木を倒し手割りしておりますので、貴重な薪ですが、写風人さんですからお譲りしました。だって、それ以上にお世話になっておりますので。こんなもんじゃ足りないくらいですよ。先輩、今年もお世話になります!

2016/01/06 (Wed) 10:45 | matsuzawa #- | URL | 編集
Kalaallitさんへ

またテンプレートが変わりましたね。
ひとつの記事のトップ写真がサイズ大きくなってますね。
私の場合は最初からPhotoshopdeサイズ変更しています。

リンクありがとうございます。
よろしくお願いします。

2016/01/06 (Wed) 13:59 | 写風人 #- | URL | 編集
松澤さんへ

先日はありがとうございました。
薪ひとつひとつに、ズッシリ重みを感じました。
こちらの方がお世話になりっぱなしです。
私で役に立つことがあれば、何なりとお申し付け下さい。
今年も宜しくお願い致します。

2016/01/06 (Wed) 14:15 | 写風人 #- | URL | 編集
No title

写風人さんへ

先のコメントの通り、記事と写真がトップページに並ぶこのテンプレートに落ち着きました。移行中二度三度テンプレート変えましたが、途中経過見られてしまいましたね・・・。

トップの写真は今編集中です。
移行段階では、このテンプレートの写真がリンクできず、手作業でサイズ変換しながら再構成しています。
これも一仕事ですが、肩がこらない程度にやっていきます。

リンクの件ありがとうございます。
よろしくお願いします。

2016/01/06 (Wed) 19:42 | kalaallit #- | URL | 編集
No title

明けましておめでとうございます。

両方での生活となると薪の確保がそれぞれでやらないといけないので大変ですね。
一緒に伐採からって言っても忙しいでしょうし…。
また薪棚が空腹になって困るようでしたら季節はずれのサンタが参上しますよ。こんな綺麗な薪ではないですが。

2016/01/07 (Thu) 20:52 | エース #- | URL | 編集
エースさんへ

あけましておめでとうございます。
駒ヶ根にはちょこちょこ行っておりますが、大変ご無沙汰しております。
またまたご親切にありがとうございます。
いつも甘えていては申し訳ありませんので、伐採や薪づくりで人手がいるときは、どうぞ遠慮なくお誘い下さい。

2016/01/08 (Fri) 17:24 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する