朝陽に映える3シーズン目のアンコール

朝陽が昇るころ、

1509asahi01

普段は完全に熟睡しているのに・・・


南信州では、必ず日の出前に目が覚める。

寝ていられないのですよ。
なぜか・・・。

1509asahi02

南アルプスから陽が昇り始めると

1509asahi03

メインルームが輝き始めます。

東側に窓が多いこの部屋は、
やがてアンコールへと差し込み

1509asahi04

一日の中で最も明るく爽やかさを感じる時間帯です。
やっぱり自然光が一番いい。

1509asahi05

煙突に映し出されるのは少年の影。
少年?
このネタは何度もブログに登場しています。

答えは

1509asahi06

少年と犬のオーナメント。

光と影の演出が楽しめる時期になると、薪ストーブの季節です。

駒ヶ根ベースもいよいよ3シーズン目を迎えようとしています。


関連記事

コメント

No title

薪ストーブやっぱりめちゃかっこいいですー!
いつか・・・いつか戸建てになったらほしい・・・
あったかいとか、料理もできるとかいろんな良いところが
あるのでしょうが・・・

一番心惹かれるのはビジュアルです!!!
すきすぎます!!!

2015/10/01 (Thu) 11:15 | yuki #- | URL | 編集
yukiさんへ

こんばんは。
確かにビジュアルですね。
家の中で炎が燃えているのは、見慣れていても新鮮です。

2015/10/02 (Fri) 00:18 | 写風人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する