ミニ深鉢土器

昼間は黙々と野外実習。

1508doki01

夜は工作のお時間。


毎夜パソコン依存症の写風人ですが、
駒ヶ根にはMacBookも持って行かないし、
滞在中はスマホすら見ない。
現実社会から遮断され、過酷な労働を強いられた夏期長期滞在。

あれ?
かなりオーバートーク。

とにかく、夜も何かしていないと時間が無駄に思えてしまう。
そこで毎夜の土器づくり。

1508doki03

本来なら写真か図面などを参考にして綿密につくる方が多いようです。
しかし写風人の場合、思い付きなのでテキトー。
愛好家からみれば、まがい物の深鉢土器です。

1508doki02

最初に土台をつくり、粘土をひも状にしてそれを積み上げていきます。
ある程度積み上げたら、濡れふきんを被せて翌日まで養生します。

1508doki04

あまり熱中しすぎると疲れるので、毎晩少しずつ。
慣れてないので、どうしても歪になってしまいます。

1508doki05

歪みを調整しながら
いろんな道具を使って、飾りや模様を施していきます。

1508doki06

ミニサイズの深鉢なので、余裕で完成。
このまま一ヶ月ほど自然乾燥して、次は野焼きです。

こんなミニサイズひとつで野焼きするのも勿体ないし
また長期滞在しちゃおうかな!

いや無理。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する