パジェロからデリカへ

1505delica01

近くの河原で4駆の走行テストをしてきました。


同じ三菱の4WDといっても以前乗っていたパジェロとは全くシステムが違います。
パジェロはスーパーセレクト4WD。
センターデフをロックしたハイレンジ直結4WD(4HLc)とローギア直結4WD(4LLc)があり、泥ねい地やスタック時にも4LLcで軽く脱出できます。

一方デリカは電子制御4WD。
4WDロックはデフ(デファレンシャルギア)が完全にロックされる訳ではなく、後輪への駆動力配分を高める機能のようです。

パジェロの4駆に慣れているので「デリカも同じだろう。」なんて思っていると、
とんだ失敗をする羽目になりますからね。
電子制御4WDを体感するためにいつもの河原に行ってきました。

1505delica03

堤防から河原へ降り、できるだけ砂地のある場所へ移動。

1505delica02

この程度の砂地走行は通常の4WDでも安定しています。
少しずつ起伏のある場所をLOCKとDs(ドライブスポーツ)でトライ。

1505delica04

ややスリップしながらもクリア。
ただ標準のラジアルタイヤなので、砂地を走るには限界がありそうです。

そう分かっていながら、
段差のある砂地にチャレンジ。

1505delica05

案の定、前輪がどんどん砂に埋もれていき
前にも後ろにも動けなくなって、ついにスタックしてしまいました。
パジェロではクリアできてたんですけどね。

車から降り、スタックした状況を確認。
そして、ぐるっと周りを見渡すと・・・
誰もいません。

よかった・・・。
失敗した場面を見られると恥ずかしいですからね。
このダートならスタックしても脱出できると思ったので敢えてチャレンジしましたが、
単独走行の時には無茶はしないようにしています。
状況的には右前輪が埋もれただけなので、スコップひとつで脱出できます。

1505delica06

タイヤの後ろの砂を取り除き、後進して無事に脱出。

通常の4WDは、ひとつのタイヤが浮いてしまうと、
浮いたタイヤだけが回転して地面と接しているタイヤは止まってしまいます。
これを防ぐためにデフロック機能がありますが、
デリカの場合はトラクションコントロール機能でこれを補います。
脱出時にもこの機能が点灯したので、浮いたタイヤが空転していたようですが、
残りのタイヤに駆動力が伝わりなんなくクリアしました。

デリカのサイトには

1505delica07

どこまでも行ける、オールラウンドの4WD性能。」とあります。

これを鵜呑みにしている訳でも、
果敢にオフロードを走破する訳でもありませんが
限界を知っておくこともいいかなと・・・。

自分の身体もね・・・。




関連記事

コメント

No title

「周囲に誰もいなくて良かった」は、笑わせていただきました。
普通は不安になります。

同じ四駆でも車によって全く性能が違いますよね。
私もプロシード>パジェロ>チェロキー>JEEPコマンダー>トゥアレグ+ジムニー と乗り継いできましたが、その都度喜んだりとまどったりです。
これまでで最強だったのは、やはりJEEPコマンダーかな。ただ、信州で乗るには大きすぎでした。

2015/05/22 (Fri) 10:37 | 山頂の住人 #2NU31nKA | URL | 編集
山頂の住人さんへ

コメントありがとうございます。
JEEPコマンダー、いいですね〜。
私の4駆好きはウィルスMBからきているんですが、パジェロを買い換える時もラングラーリミテッドにしようか迷いました。ただ撮影機材や3×6ボードを乗せたかったので、やむを得ずデリカになりました。デリカはこれで3台目ですけどね。
そういう諸条件がなければ、一番乗りたい車はジムニーなんですよ。

2015/05/22 (Fri) 18:12 | 写風人 #ROS0Ati. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する