東屋から小屋へ

「東」のつく熟語ってほとんど方角が関係あるけど、

1505azum00

なぜこれが東屋?


一般的に東屋とは、庭園や公園にある柱と屋根だけの休息所のことですが、
東屋の「東」は都からみて東方に位置する地域をさし、
「東国風のひなびた家」「田舎風の粗末な家」を意味する言葉だそうです。
知らなんだ〜。

その東屋。

1505azum01

実はまだ改装途中。
一人では無理だと中途半端に終わらせていましたが
GWの長期滞在で完成させてしまおうと決意。
しかし、その覚悟とは裏腹に苦戦を強いられました。

最も苦労したのが扉の取り付け。

1505azum02

土台を水平にしたにも関わらず天井では歪になってしまう。
柱が円柱なので蝶番の位置がよく分からない。
2枚の扉を閉めると重なったり隙間が空いてしまったり・・・。

一人では支えられないほど重くて大きい扉を何度倒したことか。
思うように事が進まないもどかしさと疲労が蓄積され、最後にはめまいが・・・。

もうこれは腕が未熟なのではない!
東屋そのものが歪んでいるのだ。

開き直れば、気分も楽になる。

1505azum03

ど素人なんだから、出来てしまえば100点満点。
(経験を積めば恥ずかしく思えるような出来映えなんでしょうけど・・・)

1505azum04

こうして、柱と屋根だけの東屋は「粗末な小屋」に生まれ変わりました。
物置小屋にしようか、囲炉裏小屋にしようか?
それともキャンプサイトのキャビンにしようか・・・?

取り敢えずテーブルと椅子は必要かもしれない。

1505azum05

先日伐採した杉の丸太を皮むき。

1505azum06

樹皮が剥がれた丸太のスベスベ感は気持ちいいです。

1505azum07

何も考えずに玉切りしたので多少歪ではありますが
グラインダーとサンダーで磨いて、持ち手を作れば多少サマになるでしょう。

5日間の滞在で思ったほど作業は捗りませんでしたが
最終日の午後は後片付けと道具の手入れに費やしました。

出番の多かったマタギの山刀(ナガサ)

1505azum08

熊を退治した血痕が残ってます。

・・・じゃなくて、しつこいヤニやシブ。
樹液は刃物クリーナーを吹きかけると赤く分解されます。

1505azum09

ボロ布で拭き取れば、一瞬のうちにピカピカ。
刃こぼれがなければ軽くレザーで研いで椿油を塗っておきます。

こと刃物に関しては、
どんな著名な物であっても手入れしなければ値打ちナシと思ってますから。


関連記事

コメント

No title

こんにちは。先日はコメントありがとうございました。
刃物は手入れしてなんぼですよね。
そして切れ味が良くなったら油断せずに使う事・・・。

週末、研いだばかりの手斧で手の甲をざっくりと切ってしまいました。軽く当たっただけなのですが、刺激も無くスパッと。
普段は革手袋をしているのですが、試し切りと思って油断していました。
太い血管のすぐ脇だったので、ちょっとずれていたら大変な事になっていました。

この手斧を研いだのは初めてなのですが、それにしてもこの切れ味。充分に熊と戦えます(笑)。

2015/05/18 (Mon) 09:53 | 山頂の住人 #2NU31nKA | URL | 編集
山頂の住人さんへ

こんばんは。
こちらこそコメントありがとうございます。

ざっくりですか〜。聞いただけでゾッとします。
私もチョコチョコ切りますが、一度だけ病院で縫うほどの大けがをしました。
グローブもはめていたのですが、指にトンと当たったと思ったら、グローブも指もスパッと切れて血が止まりませんでした。
それ以来、刃物を扱う時はかなり神経を集中させます。身をもって体験したお陰だと思ってますけどね。

2015/05/18 (Mon) 20:00 | 写風人 #ROS0Ati. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する