SHOWROOMにて

新しくなったファイヤーサイド社のショールーム。

15showroom01

様々なインテリアスタイルで構成されています。


GW3日目の朝は、
疲労と花粉症と頭痛が一度に襲ってきて、起きるのが辛かったです。
気分転換にのんびりと買い出しを済ませ、
リニューアルしたショールームを覗いてみました。

ZCOO-SHOPから奥へ進むと

15showroom09

堂々たる初代デファイアントが迎えてくれます。

その左側には貴重な歴代モデルがズラリ。

15showroom03

ミュージアムですね〜。
また壁面が渋くてたまりません。

中でも珍しいのが1987年のダントレス。
現在のラインナップにはないので、興味津々です。

15showroom04

大きめのリップが特徴的で、いかりや長介の下唇みたい。
matsuzawaさんにファイヤースクリーンを外してもらい、
炉内まで見せてもらいました。
フロントドアはどうなっているかと思ったら、
両サイドにガラス扉が折り畳んで収納されているんですね。
この時代に画期的です。

ショールーム中央にはアンコールの新色「トワイライト」

15showroom05

ほんと夜のインクを落としたような色です。
炉台の中央じゃないところがミソですね。

そこを振り向くと、和風テイストの居間があります。

15showroom06

田渕さんの作品もずらりと展示され、和にも良く似合いますね。

その隣にはキッチンコーナー。

15showroom07

やっぱりキッチンにはドミノがいいなぁ。

そしてこちらはデファイアント。

15showroom08

田渕さんのベンチも洒落ているし、アイアン製の作品も興味深かったです。

最後はやっぱり初代デファイアントに戻ってきます。

15showroom02

マントルピースがすごく雰囲気が良くて、
これはポール社長のアイデアだそうです。
さすがですね。

これ真似しようかな、
なんて思っていろんな角度から撮影していると・・・

なんと!
いきなり伊東孝志さんの登場です。
「えっ?これ、matsuzawaさんからのサプライズ?」
という訳ではなく、matsuzawaさんも突然の事だったようです。

滅多にお会いできない方に、
ドンピシャ巡り会えるなんて、なんて運がいいんでしょう。
もう頭痛も疲労も花粉症もどこかに飛んで入ってしまいました。

関連記事

コメント

No title

 今回は残念ながら写風人さんとお会いできなかったんですが、松沢さんや田淵さんとはお話することができ、初対面なのになぜか昔からの知り合いのような不思議な感じでした。その後行った伊那市での古民家再生のお手伝いもいい経験でした。次回は駒ヶ根ベースのお手伝いにも誘ってください?

2015/05/12 (Tue) 19:12 | じーこ #- | URL | 編集
じーこさんへ

こんばんは。
田渕さんの講演会に参加されると聞いて私も行きたかったのですが、都合が付かなくて残念です。
伊那市の古民家再生も面白そうですね。
最近は南信州に行っても駒ヶ根ベースに閉じこもっているので、周りの情報にまったく無頓着になってきました。駒ヶ根に向かう時は事前にブログで予告しますので、どうぞ遊びに来て下さい。

2015/05/12 (Tue) 20:14 | 写風人 #ROS0Ati. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する