Hayauchi

「はやうち」というと

15edauti01

ビリー・ザ・キッドや早撃ちキッドを連想してしまう。


年代が分かってしまう冒頭のコメントですが
ガンマンの話ではありません。

先日、「森からの便り」で森の伐採を紹介しましたが、
実は伐採よりも時間を掛けた作業があります。
それは杉の枝打ち。
全く手入れされていないので、枝が密集し、
しかも背の届かない高さばかりなので、登らなければ枝打ちできません。
予算を掛けずに、どのように登ろうかと考えたのが「ぶり縄」です。

15edauti03

動画を徹底的に頭に叩き込み、岐阜の裏山で特訓を重ね、
いざ本番。

15edauti04

一段目、二段目まではなんとか登りましたが
その後のロープがうまく操れない・・・。
(特訓といっても、チョロッとやっただけでしたから・・・。)
(林業のすご技を甘く見ちゃいけません。)
結局、ぶり縄の成果はそれ程なく、再び出直し。

そして先週の日曜。
愛用ノコギリ、シルキー製の兵器「はやうち」持参。

15edauti05

切れ味抜群、素人でも速く枝打ちできる優れものです。

15edauti06

3段製で全長約5m、アルミの楕円ポールなのでたわみが少なく
枝に引っかけ、ゴシゴシすれば数回で切れます。
ただね・・・
わたくし、スギ花粉症なんですよ。
顔を上向けて切ってると、花粉が舞い降りてきて・・・。
もちろんヘルメット・マスク・ゴーグルつけていますが
よくやると思いません?
しかも他人の土地なのに・・・。

でもこれ、以前の状態ですけどひどいでしょ。

15edauti07

とても立ち入りたくありませんよね。
へびも出そうだし・・・。

ちょっと頑張れば

15edauti08

さっぱり気分も良くなります。
まだ枝が残っているので、もう少しスッキリさせたいですね。

花粉症はスッキリしませんが・・・。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 21:11 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する