薪ストーブ料理撮影会

今日は撮影会です。

15flgphoto01

モデルさんではなく、薪ストーブ料理です。


本日はファイヤーライフ岐阜が企画した薪ストーブ料理撮影会。
奥様の後ろ姿をこっそり盗み撮りしている訳ではありません。

ちなみに薪ストーブはアンコールのマジョリカブラウン。

15flgphoto02

この色もいいですね〜。

15flgphoto03

こちらのストーブは光線状態がいいのでミネストローネ調理中です。

もう一つのアンコールでは灰受け皿で低温ローストポーク。
調理途中の写真は撮れませんでしたが

15flgphoto04

仕上がった料理をセッティングして皆さんで撮影会。

15flgphoto05

ポイントは、やや逆光気味で背景に小物をあしらうこと。
タテ位置ヨコ位置で撮ってみること。

ローストポークを撮影している間に、ミネストローネが出来上がったようです。

15flgphoto06

これも湯気が目立つようにやや逆光気味の場所を選び、
料理や器をセッティングします。
奥の10インチはシュリンプピラフです。

私自身は完成写真を撮り忘れましたが、
料理の全体写真のポイントは、やはり光を読むこと。
窓際の明るい場所(自然光)が好条件です。
あらかじめ料理の配置を決めておき、温かい内に素早く撮ること。
料理や器は隙間なく詰め、
画面に無駄な場所が入らないように大きめに写すこと。

ほかにも色々ありますが、
常日頃から料理雑誌などの写真はどう撮っているかを
興味深くみていると自ずと料理撮影のスキルは上がってくると思います。

まずは真似から始めることではないでしょうか。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する