冬の造形

岐阜では雪が降りそうな予報でしたが、まったくその気配もなく快晴でした。

15fuyunoz01

こちらは先月の駒ヶ根ベースでの一コマ。


1月下旬、駒ヶ根は相変わらずの雪化粧。
昨年は訪れる度に雪景色に感動し写真も撮りまくっていましたが
今年はその雪にも慣れてきました。

似たり寄ったりの雪の写真にも飽き、
何か写真の素材になるような被写体はないかと注意深く観察してみると
せせらぎサイトの小川に薄い氷が張っていました。

15fuyunoz02

こんなのは岐阜でも珍しくない光景ですが
腰をかがめて近づいてみると

15fuyunoz03

氷のクローズアップもなかなか面白いものです。

陽が昇り始め、

15fuyunoz05

辺りの雪や氷が溶け始めた頃

15fuyunoz07

枝に降り積もった雪が、様々な姿に形成されていきます。

15fuyunoz06

氷の透明感ときらめきは、どんな工芸物よりも美しいです。

自然は偉大ですね。

今月の森からの便りは
冬を撮る、アンコールを撮る。」です。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する