薪棚の屋根

12月に入りましたが、話しは少し遡ります。

14toso01

駒ヶ根ベース 薪棚の屋根は・・・。


今年6月、仮設で作った薪棚に屋根を取り付けました。

14toso00

仕上げはまた近いうちに・・・
と言いつつ、5ヶ月も経過してしまいました。

放置していたというより、
滞在中は雨ばかりで、なかなか塗装する機会に恵まれなかったのです。
晴天が続きそうな先々週に、やっと塗装開始。
塗料は正直な所、何がいいのか分からないので数種類揃えてあります。

14toso03

今回は、オスモ、リボス、キシラデコール。
テスト的に同じ条件の屋根に3種類塗ってみることにしました。

14toso04

塗りやすさに関しては、オスモ、リボスがよくのびるという印象です。
カラーはすべてウォルナットですが、
やはりメーカーによって若干の色の違いはあります。

14toso05

手前がオスモで、奥がキシラデコール。
オスモの方が色の深みはあるようです。

14toso06

こちらも手前がオスモで、奥がリボスです。
リボスの方が若干色は濃いめです。
後はしばらく経過を観察しながら、
耐候性や防水性などもチェックしていきたいと思います。

最近、外壁や外回りにアレコレ飾るようになってきました。

14toso02

これは岐阜に飾ってあったオーナメント。
何もかもこちらに持ってくるので、岐阜はだんだん殺風景になりつつあります。
こちらの方がロケーションがいいですから、オーナメントも活きてきます。

ただ、効果的な場所にディスプレイするのは、なかなか難しいですね。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する