スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薪焚き日和」舞台裏

自然スタイルなソロキャンプ愉しんできました。

1408soloc01

でも、誰かが撮ってるんでしょ?


そう、聞かれることが多いので、その舞台裏を解説いたします。

本日「森からの便り」写風人の薪焚き日和
南信州 ナチュラルソロキャンプ」がアップされました。
まずは、そちらをご覧下さい。

今回は最小限の道具でソロキャンプを試みました。

1408soloc02

と、持参したキャンプ道具の写真がありますが、
当然カメラなどの撮影機材は全く別です。
前人未踏の!なんて番組でもカメラマンが先に入って待ち構えてますもんね。
あれと一緒で、取材班も兼ねての自作自演は結構大変です。

例えば、差し掛け小屋を組み立てている場面。

1408soloc03

三脚にカメラを固定し、リモコン操作でシャッターボタンを押してから
枝を担いだり、組み立てたりしています。

その後の浄水ボトルを飲んでいる場面。

1408soloc04

暑さを表現するために、空が背景になるようなアングルを探し、
木と木の間に自分の立つ位置を決めます。
ピントはマニュアルで固定し、10秒のセルフタイマーを押してから
その位置に移動してボトルの水を飲んでます。

そして、コラムには載っていませんが
自分が寝ている場面。

1408soloc05

カメラのリモコン受信部が寝ている位置から見えないので
受信しているかどうか分からないのです。
何度も撮り直しましたが、どうも不自然なのでこのシーンはボツとなりました。

このコラムでもブログでもそうですが、
撮影してチェックして気に入らなければ撮り直し、そんな自作自演を何度も繰り返しているので、本来のソロキャンプを思いっきり満喫しているとは言い難いです。

今回はボディ1台レンズ2本と三脚ですが、用意したキャンプ道具より遥かに重い。
時にはボディ2台レンズ3本を用意すると10kgほどの重量になりますから、
ウルトラライトハイキングなんて出来っこないですね。

「じゃあ、コンデジにすればいいじゃない。」と、よく言われますが、
いついかなる時に決定的瞬間に出会うかもしれないという欲があるので
機材をコンパクト化できないのです・・・。


関連記事

コメント

いや〜素晴らしいです!

まいどです!
やっぱり写風人さんは斧の扱いも手慣れているからかな。
なかなかここまで上手く"wildemess shelter"を作れないですよ^^
南信州のブッシュクラフターさんは写風人さんで決まりですね。

2014/08/06 (Wed) 10:16 | スズキサトル #- | URL | 編集

ブログの写真を見ていて、多分他に誰かいるのだろうと思っていました(笑)
カメラだけでも結構な重量ですね。
テント山行をしようと思ったら、トータルでかなりの重量になりますね。
力持ち~♪

2014/08/06 (Wed) 14:59 | NaoRuu #- | URL | 編集
スズキサトルさんへ

こんばんは。
スズキさんからそんな称号を頂けるなんて光栄です。
差し掛け小屋は"wildemess shelter"っていうんですね。そんな事も知らないので、私はまだまだですよ。

monoマガジン、拝見しました。
スズキさんのタープはよく考えられていますね。今度揃えるならDD Tarpですね。これからもブログをチェックしながら勉強させてもらいます。

2014/08/06 (Wed) 19:30 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
NaoRuuさんへ

他に誰かいるだろうって!
いますよ。
でもトイプーでは役に立たないんですよ。

山岳写真家ってタフでしょうね。
アマチュア仕様のカメラは軽いけど、プロ仕様の機材はボディもレンズもとにかく重いんです。
私にはやっぱり山は無理です。

2014/08/06 (Wed) 19:35 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
ありがとうございます^^

モノマガジンの記事のほう見ていただいて恐縮です。
ボクのほうこそ写風人さんの道具のチョイスや使い方、もちろん写真の撮り方やアングルなどいつも参考にしております。

斧ひとつとってみても、やっぱりその道具を知っているカメランさんが撮った写真では同じ"モノ"でもリアル感が全然違いますね。

2014/08/06 (Wed) 22:27 | スズキサトル #- | URL | 編集
スズキサトルさんへ

タープの記事にモーラナイフが紹介されていましたよね。ブッシュクラフト・フォレストカモは私も持っていて、愛用品が紹介されると何か嬉しいですね。
7月号のmonoマガジンは買いそびれてしまって、あちらの記事のダコタファイヤーピットは興味深い焚き火ですね。8月中旬には長野で一週間ほど滞在するので、一度チャレンジしてみたいと思います。

2014/08/06 (Wed) 23:58 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。