蜂トラップ

初めてトラップ仕掛けました。

1406hachi01

果たして、捕らえることができるでしょうか・・・。


山に暮らすということは、それなりにリスクもあります。
その中でも尋常な量でないのが虫。

秋から春にかけて悩まされたのがカメムシとテントウ虫。
やっと見かけなくなったと思ったら、今度は毛虫とスズメバチ。

毛虫は撮影するのも話題にするのも気持ち悪いので無視。
問題はスズメバチです。
5月6月はでっかい女王蜂がやたら飛び交い
あっちこっちに巣を作り始めます。

そこで今回、初めてペットボトルのトラップを仕掛けてみました。
まずは、誘引剤づくり。

1406hachi02

調べてみると、まぁいろんな調合がありますね。
基本的には酒と酢と砂糖ですが、日本焚火学会の調合によるとグレープカルピスを混ぜると効果があるとの事でした。

容器は2リットルのペットボトル。

1406hachi03

3面に切り込みを入れて、穴を開けます。

ペットボトルに誘引剤を入れて、木に吊します。

1406hachi04

出来れば2メートルほどの高さがいいようです。

吊して一週間後。
アリは大量に入っていましたが、蜂の捕獲はなし。
そして2週間後、まったく効果なし。
なんや、全然効き目ないやんか!

半ば忘れかけていた3週間目。

1406hachi05

何気なく見上げてみると、ボトルの中で蜂がバタバタ。
誘引剤の中にも何匹か沈んでいました。
液が発酵した頃に効果があるようです。

ただ、このトラップの設置は女王蜂が巣を作り始める6月まで。
それ以降は働き蜂をおびきよせることになるので、かえって危険だそうです。

無法地帯だった去年の夏は、蜂の巣だらけでしたが
今年は少なくなってほしい・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する