ネイチャーストーブiroiro

野遊びに焚き火は付き物ですが、

14nastove01

ネイチャーストーブって、いろいろあるんですね〜。
知らなかった・・・。


南信州のフィールドには気の合う仲間が駆け付け、

14nastove02

思い思いの焚き火を愉しんでいました。

kumagaiさんはスノーピークの焚き火台。

14nastove03

焚き火ギアの先駆的存在で、
12インチのダッチオーブンも料理できる優れものです。

matsuzawaさんはMONORALのワイヤーフレーム。

14nastove04

軽量コンパクトで火床の耐熱クロスが特徴的です。

私の知る限りで最も軽量コンパクトなのが
VargoのHexagon Wood Stove。

14nastove06

先日ポールさんとの薪狩りの時には、
現地の状況が分からないので、これを持参しました。
パックひとつで出掛ける時にも、この小ささは便利です。

同じくVargoのFire Box Grill。

14nastove07

20cm角のグリルは複数の鍋やケトルが置けるので
料理用のストーブには重宝します。

たまたまネットをみていたら、
ネイチャーストーブの種類の多さに改めて気づかされました。
以前からあったのでしょうが、
興味深いストーブをいくつかピックアップしてみました。

NOMADIC社のTrekker Ultra 004

14nastove10

Bussh Buddy Stoveの中ではあまりに魅力的なため、
模倣品も多く出回っているとの事。
そんなこと言われたら、本物が欲しくなっちゃいますね。

こちらはFIRE BOXのNano Stove

14nastove08

ジャケットのポケットに入る!というほどですから
Vargoよりもコンパクトみたいです。
ただ火種が下に落ちやすいので、注意が必要。

Trail DesignsのSidewinter Ti-Tri

14nastove09

アルコール、固形燃料、ウッドストーブと3つの燃料を使い分ける
ハイエンドセットです。
EVERNEWのチタンポッドにパッキングできるのがミソ。

SOLA TITANIUM GEARのSuper Naturestove

14nastove11

ワイヤーフレームに形状が似て、太い枝も燃やせる焚き火台感覚のストーブ。
チタン製のミニ火ばさみも捨てがたい。

14nastove12

ペグを置けば五徳になるところが憎いですね〜。
ただメッシュ生地なので燃えすぎるかもしれません。
燃やし方に工夫が必要です。

まだまだ紹介しきれないほど興味深いストーブは沢山ありますが、
ワイヤーフレームだって一度も使ってないまま、
どこに片付けたのか分からないほどですから、
今の私にはネイチャーストーブはそれほど必要ないかも。

14nastove05

このフィールドで大胆且つケチ臭く焚き火しているだけで十分です。


関連記事

コメント

お邪魔しました。美味しいランチをご馳走さまでした。
行く先々でストーブはどれをチョイスしようか使い分けますが、一種の病気みたいなもので、色々欲しくなります。
でも自宅では専ら焚き火がしっくりきますね。

2014/06/12 (Thu) 18:18 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

こんばんは。
魅力的なツールに惹かれるのは、病気以外の何者でもないですね。
衝動買いしたワイヤーフレーム、一体どこにいってしまったのでしょう?

2014/06/13 (Fri) 23:22 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する