スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野外道具の置き場

南信州では、まだまだ薪ストーブ焚いてます。

14fiamma01

今回、煙突ではなく軒下のお話しになります。


こちらに来ると、野外作業や野遊びが中心となりますが
ちょっと不便なのが、外に小屋がないこと。
室内に片付けるまでもないけど、雨ざらしにはしたくない。
そんな道具置き場がないのです。

14fiamma03

ここは平屋ながら、軒下といってもほとんど雨ざらし。

14fiamma02

そこで軒下に足場板を組み、昔キャンピングカーで使っていたFIAMMA(フィアマ)ULTRA BOXを置いてみました。

14fiamma04

これがなかなか広くて、野外作業の道具はすべて収まりました。

14fiamma05

チェンソーの伐り屑を入れたオイル缶もスッポリ。
焚き火の細々した道具もすぐに取り出せます。

しかし、所詮はキャンピングボックス。
リヤカーが入るわけでもないし、仮払い機も入らない。
せめて雨風が凌げる程度でいいので、小屋が必要かな。

14fiamma08

これは昨年伐り倒した原木。
これらを利用して掘っ立て小屋でも作ろうか・・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。