ブビンガ

「焚き付けには勿体ない材木だけど、いる?」

14bubinga01

材木店の後輩から電話である。


ブログにも度々登場する後輩ですが、
時には朽ちる寸前の板材を持ってきたりするので
「現物を見てから決める。」
と電話を切って倉庫へ向かいました。

どうせ針葉樹の薄っぺらい材木だろうと期待もしていませんでしたが
これだと言われた時にはビックリ。

14bubinga02

ズッシリ重そうな材がゴロゴロ。
これは何の木?と訊ねると
サクラとケヤキが少し、後はほとんどブビンガ。
「えっ?ぶび・・・?」
「ブビンガ。家具や床によく使われてるよ。」
知りませんでした・・・。

ブビンガはアフリカン・ローズウッドとも呼ばれ
木質は重硬で強度があり粘りもある材。
バランスの取れた響きがあるので、打楽器や太鼓の筒にも使用されるようです。
これほどの材を焚き付けにするには勿体ない。
全部もらってくよ。

14bubinga03

厚さ100mmは、さすがに1人では持ち上げられず2人がかりで軽トラへ。
とんでもない重さで間違いなく積載オーバー。
まるで波の上を運転しているようなユラユラ運転でした。

14bubinga04

なんとか無事に到着。

帰ってからブビンガ一枚板の価格をネットで調べてみると
50mm厚の荒木でも数万円もするんですね。
100mm厚なら古道具屋さんへ持ってっても、売れちゃうかな。
いやいや横流しはいけません。
これは南信州で使いましょう。
囲炉裏やカウンターなどいろいろ作れるかも・・・?



関連記事

コメント

いよいよ田淵さんに弟子入りしてウッドワーカー修行ですか?
どんな作品になるのか楽しみにしてます。

2014/05/11 (Sun) 08:50 | ジーコ #- | URL | 編集
ジーコさんへ

田渕さんに弟子入りなんてめっそうもない。サンダーをかける程度でこのまま利用できないか思案中です。
でもかなり重いので運ぶのが大変です。

2014/05/11 (Sun) 23:36 | 薪焚き「写風人」 #WItKnKfM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する