桜蘂降る・・・

桜が満開の時期には、忙しい新学期と重なって

14041501

花見どころではありませんでした。


ようやく落ち着きを取り戻した頃には
ほとんど花びらが散った後。
ですが、そこにも見所があるのです。

14041502

僅かに残った花びらと桜蘂(さくらしべ)
淡いピンクと濃い赤。この色合いも美しいものです。

14041503

やがてこの桜蘂も根元から散り落ち、
「桜蘂降る」と俳句の季語としても詠まれます。

3月中旬

14041504

雨が降ると雫の方が目立っていたモミジも、

14041505

若々しい葉に成長してきました。

14041506

木洩れ日から透けて見える春のモミジは
秋の紅葉とまた違った魅力があります。

2月中旬からスイセンも咲き始め

14041507

どんな種類かも分かりませんが、
次から次へと咲いては散っていきます。

こんな殺風景な裏山にも
よく観察すれば色々な自然の世界が見えてきます。

14041508

南信州の桜はもう咲いているでしょうか?
運が良ければ、
こちらで満喫できなかった満開の桜が拝められるかも・・・?

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/04/17 (Thu) 22:03 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する