薪ストーブとLP

南信州に、古〜いレコードプレーヤーを持ち込みました。

14033001

果たして音が出るでしょうか?


若かりし頃、オーディオに凝った友人の影響を受け
レコードを買いあさり
システムコンポもあれこれ取り揃えたものでした。

やがてCDに移り変わる頃から、音楽もさほど聴かなくなり
山ほどあったLPやシステムコンポも粗大ゴミになり、
唯一押し入れに残っていたのが、数枚のLPとレコードプレーヤーだけ。

何十年も使っていないレコードプレーヤーをわざわざ運び込んだのは
ここに音響設備があったからです。

14033002

音響といってもカラオケセットですが、
壊れて使い物にならないと聞いていました。

そんな物いつまでも置いていても邪魔くさいと棚から撤去。

14033004

たまたまここに薪を入れてみると奥行きピッタリ。
ほんとにジャストサイズ。
いや~、これには感激しました。

ただ、この壁から出ているコードが邪魔くさい。

14033003

天井から吊り下げられているBOSEやVictorの配線です。

撤去した機器はしばらく放置していましたが
壊れていたのはDVDチェンジャーのみ。
「アンプは100円入れないとスイッチが入らないよ。」
と前家主から聞かされていましたが

14033006

これは、アンプの電源コードを直接コンセントに差し込んで解決。
これらを利用しないのは勿体ないと感じてきたのです。

CDプレーヤーがなかったのでネットワークCDレシーバーを新たに購入。
BluetoothでiPhone、iPadにも対応します。
レコードプレーヤーも持ち込み、いよいよ配線。
実はこれが超苦手なんです。

14033005

撤去するときにすべて配線を抜いてしまったので
訳が分かりません。

テキトーにコードもつなぎ、CD・LP用の棚を手作りして設置完了。

14033007

そして電源オン。
おぉ、スイッチ入りました。
CDを挿入しプレイボタンを押すと、部屋中に音楽が鳴り響きました。
おぉ、俺は天才か!
(機械音痴の私には奇跡的なこと。)
次にiPhone、iPadをペアリングして、これも完璧。

いよいよ何十年ぶりかのレコード。
お気に入りのLPをプレーヤーにのせ、針をそっとおろしてみる。
・・・
あれ?
音が出ない。
カートリッジは新品に変えたし、配線も間違っていない。
正常に動作するかは弟のオーディオで確認済み。
さっぱり分からず、弟に連絡すると
「PHONO端子ってある?」
「ない」
「ないならフォノイコライザーがいるわ。」
・・・
結局その日はレコードが聴けず、次回に持ち越し。

そして翌週。

14033008

安価なフォノイコライザーを購入し、
アンプとプレーヤーの中間に繋いでみると
音は出るもののシャーというノイズで耳が痛くなる。
またまた弟に連絡すると、
「アース線つないだ?」
「つないでない。」
「そりゃあかんわ。アース線つながな。」
・・・
おぉ、アース線を繋いだだけでノイズが解消。
念願のレコードが聴ける!

かくして、音響の世界を制覇した写風人。


のんびりレコードを聴くなんて何十年ぶりでしょう?

14033009

薪ストーブの焔を眺めながら、R&Bに酔いしれる。
ソウル一辺倒だった私も、
南信州ではジャズやクラシックなども聴いてみようかなと・・・。

少し音楽に目覚めて来た写風人です。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する