スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャッベとキルマン

南信州  アンコールの前には

14gabbeh01

ギャッベのスツールとキルマンのハースラグ。


殺風景だったアンコール周辺は
アレコレ物が増え、ようやくHEARTHらしくなってきました。
白い壁、黒い薪ストーブ、黒い鉄鍋
モノトーンで落ち着いてしまった炉床を引き締めるのは
華やかなスツールとハースラグ。

14gabbeh02

焔に合わせて、赤系をチョイスしました。

スツールはイランのギャッベ。
遊牧民カシュカイ族の手織いスツールです。

14gabbeh03

ウール100%で毛足も長く、ふかふかした感触は最高の座り心地です。
手織りのため同じ物が2つとない1点ものも魅力です。
ズクショップで購入しましたが、スツールはすでに完売。
ギャッベの手織りラグは若干残っているようです。

ハースラグはトルコ生まれのキルマン
ファイヤーサイドさんから新商品として販売されました。

14gabbeh04

毛足が長く、優しい肌触りはつい頬ずりしたくなります。
もちろん火の粉で燃え広がることのない難燃性。
6種類の上品な柄が用意され、価格もお手頃です。

南信州のアンコールは24時間焚きっぱなしですが、
岐阜のデファイアントは夕方から少し焚く程度になりました。

たるんだ気分は新年度モードに切り替えつつありますが
薪ストーブが焚けなくなるのは寂しいですね・・・。



関連記事

コメント

お買い上げありがとうございました。
スツールは新商品という事で一個しか仕入れませんでしたが、また秋には仕入れたいと思います。
ストーブ周りは可燃物の離隔距離に注意し、カッコ好く魅せつつ、使いやすいといいですが、やはりストーブの前でくつろげるのが大切ですね。

2014/04/05 (Sat) 13:38 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

こんばんは。
ズクショップで一目惚れしたスツールでした。
ネットで調べてみても、なかなか販売されてなくて、見つけてもほとんどSOLD OUTです。希少なスツールなんですね。
今回は背景にアンコールを入れるために近づけて撮りましたが、普段はもっと遠ざけています。ご心配ありがとうございます。

2014/04/06 (Sun) 00:33 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。