アンコールの表情

南信州、2日目のアンコールです。

14030901

朝は刻々と表情が変わっていきます。


前回記事のトップ画像は朝6時頃の撮影。
壁に朝陽が射し込み、スクリーン映写のような演出です。
そして、2日目の朝8時頃の撮影。
直接アンコールに陽が射し込み
コントラストのある力強い印象に変わります。
写真はライティングによって全くイメージが変わるものです。
光が射し込む位置に薪ストーブがあると、様々な表情が愉しめますね。

アンコール周辺も更に様変わりしました。

14030902

どうせリフォームする壁だからと、ビスを打ちまくってます。

2日目の朝食はフレンチトースト。

14030903

卵、牛乳、砂糖をたっぷりしみ込ませて焼き上げました。

14030904

岐阜で焙煎してきたコーヒーを毎回持参します。
煎りたての豆は部屋中にいい香りが漂って、これがたまらない。

14030905

フレンチトーストにも粒あんをトッピング。
これが写風人的味覚です。

食後の後片付け。
キッチンがないので、洗った食器類は水切りに入れ

14030906

ウォーミングシェルフで乾かします。

この水切り、サイズもピッタリでした。

14030907

トレーも付いているので水がポタポタ落ちないのがいいですね。

そして、ふきんやタオルも洗って

14030908

ミトンラックやパラソルハンガーに引っ掛けます。
私のパラソルハンガーは少々脆弱なアンティーク物なので、
ファイヤーサイドのパラソルドライヤーがオススメです。

14030909

ここのアンコールはスッキリ飾りたかったんですけど、
やっぱりゴチャゴチャになっちゃいましたね。

シンプルな壁面に戻そうかな・・・。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する