雪上訓練その2

真っ白な雪の中での焚き火料理。

140216b01

そういえば、昔はスキー部の合宿でよくやってました。


昨年、北海道の登山で大量遭難があった。
「自然は森の中に風をしのげる場所と乾いた薪を用意している。大切なのはそれを探して確実に火をおこすこと。そうすれば誰も死ななかった。」
これはBE-PAL12月号に載っていた猟師さんの言葉。
雨でも吹雪でも火は熾せる。
焚き火は、どんな状況でも心を落ち着けられる。・・・とも。

もちろん私の場合、過酷な条件でもなんでもなく、
どんな状況下でも焚き火をしてみたいという、ただの遊び心です。


スノーシューで軽く汗をかき、

140216b02

今度はファイヤープレースの雪かき。

底がみえるほど掘る必要もなく、雪の上に太めの薪を並べます。

140216b03

その上に乾いたスギッパや小枝をフワフワかぶせ、
マッチで点火すればすぐに炎が立ち上がる。

140216b04

ケトルの中に雪を詰め込んで、焚き火にかけます。
炎の勢いが強い時にお湯を沸かさないと、もったいないと思ってしまうのです。

雪の中で炎を見つめているのは実に気持ちがいい。
煙に包まれると退散しますが・・・。

140216b05

それでも髪の毛や衣服に匂いが付いてしまうので、
帽子と洗濯の出来るジャケットが必須です。

楽しいことを夢中になってやっていると、時間が経つのが早い。
もうお昼をはるかに過ぎていました。
ランチは残り物のトマト鍋とごはんをアレンジ。
先日、AGNIの撮影で教えてもらったレシピです。

トマト鍋をキャンプダッチに移し替え、ごはんを加えて焚き火で軽く温めます。

140216b06

次に溶き卵をたっぷり降り注ぐ。

140216b07

その上にチーズを振りかけて、蓋の上に強火の熾きをのせて10分。

140216b08

FIRESIDE社のファイヤーバードは、
火ばさみにもなり、リッドリフターにもなって焚き火でも重宝します。

さて、焼け具合はどうでしょう。

140216b09

チーズのコクと溶き卵のまろやかさがトマト鍋と絶妙にマッチ。

残り物レシピって、手間暇掛からなくていいですね。
今度の週末もこのパターンで何か考えましょう。

関連記事

コメント

美味しそうですね!

こんな深い雪の中から焚き火場が出てきましたね!
このお料理なら雪の中でも暖まるでしょうね!

2014/02/24 (Mon) 15:47 | Paul #FvI0g.jE | URL | 編集
ポールさんへ

たくさん降りましたね。こんな深い雪の中で焚き火をするのは初めてです。
それに窓から雪景色を眺めながらの薪ストーブも最高です。
まだ薪ストーブの部屋は殺風景ですが、また遊びにいらしてください。ディスプレイのアドバイスもお願いしますね。

2014/02/25 (Tue) 00:02 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

そちらもかなり雪が降ったんですね^^
今年は長野も20年ぶりくらいの積雪量やったみたいです。
スノーシューに雪上の焚火とダッチオーブン料理。ええですわ〜。

猟師さん言葉ようわかります。
自然に関わるガイドさんは、焚火のスキルと一緒に万が一の為に
"Signal Fire"のスキルも身につけておいて欲しいです。

2014/03/10 (Mon) 10:31 | スズキサトル #- | URL | 編集
スズキサトルさんへ

我が家の岐阜の方では全く降りませんでしたが、ここは長野での記事です。やはり地元の方は20年ぶりと言ってましたね。

のろしの事を"Signal Fire"って言うんですね。知りませんでした。ちょうど東日本大震災から3年目ですが、いつ災難や災害が自分自身に降り掛かる分かりませんから、なんらかのシグナルの手段は身につけておいたほうがいいですね。

2014/03/11 (Tue) 00:32 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集
写風人さんへ、

あらら、またいつものうっかり!!!申し訳ないです。。。^^;
そうゆうボクも単独で山とか行くんで気をつけな。
自然の中での遭難者を探すのは至難の業ですからね。

災害のこともありますが、野外で生活出来る術を身につけておくのは周りの人も助ける事に繋がるのでええことやと思います。

2014/03/11 (Tue) 09:12 | スズキサトル #- | URL | 編集
スズキサトルさんへ

こんばんは。
今日も鳥取県大山での遭難ニュースをやってましたね。
自然の猛威は恐ろしいです。
私は下界でお遊び程度の事しかしていませんが、スズキさんは仕事柄、山とか行かれるようですので気をつけて下さいね。

2014/03/12 (Wed) 00:37 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する